源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の子育て・文化・スポーツの中の芸術文化・文化財の中の文化財関係から極楽寺山門附棟札1枚

極楽寺山門附棟札1枚

極楽寺山門附棟札1枚

山門は、三間一戸四脚門で、『岨俗一隅(そぞくいちぐう)』には、「大門」と記されている。

棟札に見るように、元禄11年(1698)の造営で、桁行3.28m、梁間2.11m、屋根は、切妻造平入り二軒繁(ふたのきしげ)たるきで、銅板葺である。

扉口の本柱を丸柱、他を大面取角柱としている。

組物は出組とし、中備(なかぞなえ)には本蟇股(ほんかえるまた)を入れ、妻には板蟇股(いたかえるまた)を用い、妻飾は虹梁大瓶束(こうりょうたいへいづか)として、結綿(ゆいわた)に彫りの深い装飾がつけられている。

敷石は花崗岩で、中央を布敷に、その両側を四半敷に敷きつめ、いわゆる禅宗様を用いている。

この敷石形態は、『岨俗一隅』の絵図にそのままのものが見られ、今昔ひとしおのものがある。全体に簡素でまとまりのよい建築である。

棟札は、縦70cm、横10.4cm、厚さ1.8cmで、表面に「奉建立圓通大門 元禄拾壱暦戊寅孟春吉辰 敬白」としたため、裏面には大工名・寄進者名が記されている。

「木祖村の文化財めぐり」
(S61.3.25発行・木祖村教育委員会)より

お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344