源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の子育て・文化・スポーツの中の芸術文化・文化財の中の文化財関係から天降社のオオモミジ

天降社のオオモミジ

天降社のオオモミジ

鳥居峠の麓、「天降社(てんこうしゃ)」境内の一角にある。

樹高約14m、目通り幹囲2.45m、枝張り約10mのカエデ科の大樹である。

オオモミジのある天降社は、薮原神社例大祭(薮原まつり)の上獅子屋台の出発の場所でもあり、伊勢の両大神宮と関わりが深いことから「大神宮様(だいじんぐうさま)」とも呼ばれている。

この神社の森は、古来「大神宮の森」と称され、楓の老木が植生し、街道筋にあるため有名であったといわれる。

長野県内にはカエデの巨木は余り多く見られないといわれるが、樹幹に注連縄が張られてその姿は一層重々しく、また、紅葉の時期はみごとである。

「木祖村の文化財めぐり」
(S61.3.25発行・木祖村教育委員会)より

お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344