源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の子育て・文化・スポーツの中の芸術文化・文化財の中の文化財関係から木祖村史跡 鳥居峠

木祖村史跡 鳥居峠

木祖村史跡 鳥居峠

標高1,197m。木祖村と塩尻市奈良井(旧楢川村)の境に位置し、太平洋へ注ぐ木曽川と日本海へ続く奈良井川の分水嶺ともなっている。

和銅6年(713)の頃は、「懸坂(あがたざか)」とよばれ、「吉蘇路(きそじ)」の名称で官道として開かれていた。

鎌倉時代以降は、「奈良井峠」あるいは「藪原峠」と呼ばれた記録があるが、明応年間(一説には大永年間)、この地で松本の小笠原氏と戦い、戦に勝った木曽義元が、神に感謝し鳥居を建てたことから「鳥居峠」と名づけられた。

江戸時代、この峠は中山道の有数の難所であったが、交通の要所でもあり、参勤交代や日光例幣使など、公用者をはじめ、伊勢参宮や善光寺詣りの善男善女、御嶽登拝の道者などの通行で、大いに賑わった。

指定区域内には、「鳥居峠古戦場の碑」、「明治天皇駐蹕記念碑」、「明治天皇お手植の松」、「御嶽遥拝所」、木曽義仲が戦勝祈願文をしたためるに用いたという湧水「硯水(すずりみず)」、また防護に備えた「狼煙台・砦跡」と伝えられるところもある。

子産みの栃伝説」や、芭蕉の句にも詠まれた「栃の巨木」が群生している。

「木祖村の文化財めぐり」
(S61.3.25発行・木祖村教育委員会)より

お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344