源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の行政の中の広報の中の広報きそから広報きそ No.279
  

表紙のことば

芸術の秋 文化祭展示会が行われました

林業会館菅公民館小木曽北部公民館

村内6会場で展示会が行われました。
各会場ともみなさんの個性あふれる力作がずらりと勢ぞろいしました。
今年は村内すべての会場を回るスタンプラリーも行われました。

展示した方も見学だけだった方も来年は自分の作品作りに挑戦してみませんか。

林業会館菅公民館小木曽北部公民館
老人福祉センター生活改善センター社会体育館
老人福祉センター生活改善センター社会体育館

 

村長就任あいさつ

木祖村 栗屋徳也

初登庁 栗屋徳也

 このたびの村長選挙にあたり、再度立候補させていただき、村民の皆様をはじめ多くの団体等から力強いご支援、ご厚情を賜り、無投票で当選の栄に浴し引き続き村政の重責を担うことになりました。大変光栄に思うとともに、責務の重大さを痛感いたしておるところでございます。一期目にお寄せいただいたご支援、ご協力に感謝申し上げるとともに今後もどうぞよろしくお願いを申し上げます。
さて二期目に向けて思うことは、小さな基礎的自治体であっても小さいなりに、しっかりと足腰を強く鍛え、資質、能力を更に高め、村民の皆さんと対話を積み重ねながら知恵を出して、汗して自らの責任で運営できる自治体づくりを目指したいということです。
「活力ある、元気な源流の里」を村民一人ひとりの参加と参画により一歩一歩着実に築き上げていきましょう。
さて、我が国は少子高齢化が進行しています。とりわけ中山間地域においては消費や投資がますます減少して地域の経済力が衰えつつあります。一人でも多くの若者が定住し、雇用が確保され地域の経済が活性化できるようにすることが大きな課題です。そして、最近特に地域間格差ということがいわれています。都会と田舎、中央と地方という比較の中で過疎の地域が益々疲弊されていくことに危惧をもっています。
一方国はさらなる地方分権を推進するということから、道州制の問題、新たな合併新法に基づく市町村合併問題、国と地方の役割分担の見直し等をはじめ三位一体改革による地方交付税の減少などいずれも避けて通れない課題が多々あります。本村にとって、村民にとって何が最も大切なことなのか、しっかり把握し議論を重ね、よりよい方向付けをしていかなければなりません。
村政の運営にあたっての基本的な施策については、現在ある総合計画(基本構想で十カ年計画)と基本計画(後期五カ年計画)が平成19年度で終了となりますので来年度中に策定作業を進めます。この計画は、平成20年度からの村の施策の指針となるものですので、慎重に、そして活発な話し合いをしていただき将来の村の目指すべき方向付けをしてまいります。
財政運営にあたっては国や県の動向を見極めながら財政の見通しをしっかり立てていきます。それには平成16年度に自立のために策定した「自立プラン」の進行状況を評価・検証しつつ、今後どうあるべきかを検討し、いずれ村民の皆さんにもお知らせしながら意見や提言をいただく予定です。


1.本年7月の豪雨災害の復旧について

 被害を受けた山地・農地・河川・道路等について国や県の災害査定作業が一応終了しましたので、県が実施するもの、村単事業で実施するもの、それぞれの地域で資材支給事業でお願いするもの等については、順次予算化をしながら復旧工事を実施してまいります。事業によっては緊急的に行うものや今後恒久的に対応するもの等があります。また連合自治会より要望のありましたことについてもできるだけ要望に沿うよう努力してまいりますが、国や県で対応する事業であったり、今後時間をかけて検討しなければならない事業もありますのでご理解をお願いします。


2.地域の経済力の向上をめざして

 地域の生産力や経済力を高めるため、地場産業の活性化をはかり雇用の確保を促す取り組みをすすめます。若者がこの村に残りたいが働くところがないという話をよく耳にいたします。それには産業の一層の振興が大切です。新たな企業誘致や起業も視野に入れながら時間がかかると思いますし、また村のみで対応できない部分もあるかと思われますので国や県の指導を受けながらすすめてまいります。


3.健康で生きがいを持って暮らせる地域を

 村民の皆さんがいつまでも健康で生きがいを持って暮らせる地域づくりをすすめましょう。小さな子どもから高齢者まで誰もが心も体も健康で安全・安心そして元気な村でありつづけられるようソフト対策を積極的にすすめます。


4.地域の力を引き出して、協働によるむらづくりを

 昨年大字単位で地域自治協議会を設立していただきました。地域で解決できることは地域で、互いに助けあい、支えあう地域にと、現在それぞれの協議会で活動していただいています。少しずつであっても将来に亘って継続して取り組んでいただくことが地域の力となりますので、行政としても職員の地区当番制や地域自治協議会担当など引き続き支援をしてまいります。各協議会においても今後の活発な取組みをいただきますようお願いします。


5.やぶはら町並みのにぎわい再生と活性化に向けて

薮原町並み

 近年薮原町並みに空き家が増えてきたこと、旧庁舎の老朽化や旧薮原保育所の活用、公衆トイレの必要性など様々な課題が提案されています。かつての町並みは薮原宿としての歴史や文化・産業がありにぎわいがありました。近年人口の減少とともに町並みに元気がなくなっていくことに誰しもが心配し何とかならないだろうかと考えているものと思っています。そこで、この町並みのにぎわい再生と活性化を目指し調査・研究をしたり話し合いを進めるための「街道にぎわい研究会」を立ち上げ検討していただきます。皆さんで知恵を出していただく中でよりよい方向を見出してゆきましょう。


6.上下流交流事業のさらなる発展を

木曽川さみっと

 木祖村は交流事業を活発に行っています。交流人口を増やすことにより、産業や文化、観光等に波及効果があり村が発展することを願っての取り組みですが、今後更に工夫し、もっと交流人口を増やして経済効果を生み出したり、木祖村を発信しながら活性化を図ってゆくことをすすめてゆきます。交流している下流域の自治体や団体、ボランティア等の皆さんとのネットワークづくりや村として、地域として交流事業の受け皿となる体制づくりや人材も今後必要であります。先頃開催した「木曽川さみっと」をこれら交流事業のステップアップするための切っ掛けとしていただき、さらに知恵をしぼり工夫しながら取り組みをすすめます。


7.地域高度情報化整備事業(CATV)の推進を

 広域連合が事業主体となり現在進行中ですが、村内では今後一年間のうちに整備がされ、個々の世帯で加入していただくようになります。各地区ごとに説明会を開催し、ご理解をいただく予定ですので、ぜひ参加をしてください。


8.主要地方道奈川木祖線の改良により誘致対策を

 奈川木祖線については境峠付近の一部を改良する予定で現在調査が進められています。権兵衛トンネルが開通し、上高地や岐阜県高山市方面への近道としての効果が見込まれます。国道19号からの玄関口として川の駅の整備や薮原町並みの活用、そして村内の産業との連携による誘客を図りながら地域が活性化できるよう準備をすすめていきましょう。


9.森林整備と治山・砂防対策の推進を

 間伐を中心にした森林整備を一層進め源流地域の山づくりに積極的に取り組みます。また、この七月の豪雨災害により山が荒れていますので、引き続き国や県へはたらきかけ治山・砂防対策を進めるとともに、国有林についても同様、要望してまいります。


10.住宅対策をすすめます

とちのみ保育園横に建設中の村営住宅 引き続き村営住宅の建設をすすめるとともに、空き家対策についても意見を聞きながら検討をすすめ、少しでも定住人口増に向けて努力してまいります。
(写真:とちのみ保育園横に建設中の村営住宅)

11.村道・上下水道等への取組み

 村道の改良や下水道への加入促進をすすめます。また水道施設については薮原簡易水道の浄水棟が老朽化してきましたので今後の施設整備を含め具体的に検討しなければなりません。また併せ、しらかば平別荘地の水道施設についても検討してまいります。


12.健康づくり・福祉事業への取組み

 少子高齢化の進行、障がい者対応など、近年福祉施策の大きな構造改革がありました。また、今後団塊の世代が高齢化をしてきます。介護、福祉のあり方を考えると、健康でいられるということは大きな財産です。介護予防対策、暮らしやすい環境づくり、福祉対策などソフト事業を中心に考えてまいります。


13.継続事業等の完了を

 西山地区の圃場整備が平成19年度で終了となります。今後は農地の利活用の促進と生み出された非農用地区域の活用について、現在は多目的広場を整備する方向で計画していますが、より具体的に検討をすすめてまいります。またコア山跡地の利活用についても検討をします。


14.教育への取組み

 小・中学校については両施設とも整備されてから25年が経過しています。学校施設の維持修繕や整備を進め、教育環境を整えながら少子化の中で子どもを育てていくことや教育の向上対策などに対応をしていきます。 
また、地域のコミュニティ、社会教育の充実ということから学校施設の開放、生涯学習の推進、社会体育施設の修繕等にも取り組んでまいります。


15.農業の振興と鳥獣対策への取組み

 農作物に対する鳥獣被害が多くなっています。このため農作物を作付けする意欲がなくなり休耕する農地が増えてきています。鳥獣被害に対する対策強化と荒廃農用地の活用対策も課題です。里山整備も含めた耕地と農地との区分けを含めた対策が必要ですので関係者の意見を聞きながら対応をしてまいります。また本村で生産された農作物はたいへんおいしいとの評価をいただいていますので特に小物野菜等の生産技術の向上や、生産者のネットワークづくり、販売網の確立などの研究も重要です。関係者の皆さんとの協議をすすめます。


 以上、今後の施策の一端を申し上げましたが、小さいながらも個性あるむらづくりをすすめてゆく所存です。村民の皆さんのご協力をお願いいたしまして就任のごあいさつとさせていただきます。


◆木祖村長選挙について

平成18年10月8日執行の木祖村長選挙は無投票により栗屋徳也氏が当選となりました。
任期は平成18年10月16日から、平成22年10月15日までです。

 

第2回 健康と福祉のつどい

10月14日(土)に第2回健康と福祉のつどいが開催されました。笑顔で生きがいをもって暮らせる村づくりを目指して、様々な催し物がありました。

食生活改善推進協議会コーナー

◆食生活改善推進協議会コーナー

郷土の食材を使った、食改さん考案の“おんたけ白菜おやき”、“仙人汁(そまびとじる)”を作っていただき、おいしくいただきました。


健康講演会

◆健康講演会

「あなたもいっしょに“生き方上手”」 

山梨県「なでしこの家」の施設長 荻原ますみさんをお招きし、歌や手話を交え、楽しく、健やかに生きるための秘訣をユーモアたっぷりに話していただきました。
あなたの健康の秘訣は何ですか…?


信濃の国体操信濃の国体操

◆健康推進員のみなさん

 健康推進員さんをお手本に、会場のみなさんで“信濃の国体操”を踊りました。
「信濃の国」に振り付けをした、いつでも、どこでも、誰でも、楽しく、安全に行える体操です。
各地区のいきいきサロンなどで健康維持・改善のために、ぜひ踊ってみてください。各地区の健康推進員または保健師まで声をかけていただければ、講師としてうかがいますよ!!

 

公民館トピックス

吹奏楽動物

◆第33回 木祖村文化祭芸能祭開催される

 今年でゾロ目の33回を迎えた木祖村文化祭は展示会に引き続き、11月3日には村民センターにおいて芸能祭が開催され、9つの団体、サークルによる日頃の活動や練習の成果が披露されました。またオープニングに突如“鉄砲から逃れて来たクマ”“家の鎖を食いちぎって来たイヌ”“中国から30分で来たパンダ”と3匹の可愛らしい動物が現れ、会場はオープニングからとても盛り上がりました。きっとスポーツ・芸術文化の秋ということで賑わいが続いた木祖村の様子を見に来たのでしょう・・・。



村内一周駅伝大会

◆第48回 村内一周駅伝大会開催!

去る11月3日文化の日に村内一周駅伝大会が開催されました。当日は天候にも恵まれ、全28チームの参加で盛大に開催することが出来ました。選手・役員の皆さん大変お疲れ様でした。成績は左記のとおりですが、個人成績等は下記のとおりとなります。


区間賞

第1区間(2,501m)小木曽中A辺見将樹9分35秒
第2区間(3,165m)5区A木崎逸斗12分22秒
第3区間(3,704m)小木曽北A笹川涼太13分29秒
第4区間(4,122m)味噌川ダム管理所諸熊康明14分14秒
第5区間(3,770m)小木曽中A永島 侃12分53秒

連続断続出場選手

連続 5回出場6区:上垣外裕樹、8区:林翔太(通算6回目)、10区A:相渡未和、小木曽南A:水本崇徳小木曽中B:武重優汰、小木曽北B:大久保稔彦
連続10回出場吉田:田中慎理、菅A:脇田悠作、5区A:六井塁、10区A:寺嶋悠
断続10回出場菅C:小林淳、小木曽南B:奥谷貴正
断続15回出場9区B:川上勝彦、小木曽中C:奥原栄治
断続20回出場5区B:松原正司
断続35回出場菅C:田下廣

敢闘賞

チーム表彰菅C(選手全員30歳以上)、小木曽中D(女性を含み男子選手30歳以上)
個人表彰菅C:田下廣(60歳)、菅C小林茂(55歳)

第48回 村内一周駅伝大会記録


詳細はこちらをごらんください。pdf


 

木曽川さみっと

木祖村はこれまで味噌川ダム建設を機に木曽川の「水」を「絆」とした上下流交流事業を愛知県日進市、名古屋市、一宮市、NPO、労働組合、南知多町の漁業協同組合等と実施してきました。
木曽川下流域の皆さんと木祖村民が一堂に集い、ネットワークを構築し、上下流双方にとって有益な交流が実現できるよう、「木曽川さみっと」が実施されました。
8月28日に実施された第1部は「木曽川さみっと」各団体による幹事会を作って進めることを確認して終了しました。

第2部は11月5日小学校体育館と社会体育館を主会場として実施されました。
木曽川さみっと式典小学校体育館では、雅音人(ガネット)によるコンサートで始まり、放送ジャーナリストの平野次郎氏による基調講演、5名のパネリストによるパネルディスカッションが下流域と木祖村の皆さん等約600名の人が集まるなか、行われました。
基調講演では「ドナウ川もナイル川もゆったりとした流れであり、ナイル川にはダムが1つあるがドナウ川にはダムが無い。木曽川の水は流れがせっかちで表面の水はきれいだ。それだけ日本の川にはダムを造らなければならない。」「木曽川の源流木祖村は日本の奥座敷にしてしかるべき魅力のある場所ではないか。」と話していました。
パネルディスカッションでは、(1)この10年で何が変わったのか、何が変わらなかったのか。(2)これから我々は何をすべきか。の2点をテーマに討論されました。この中で、「川の駅や水の駅を点で結んで、上下流交流という面で展開できるような形にしたい。」「流域で自治体が単独でやるのでなく流域全体も広域行政として考えていかなければいけない。」など各パネリストから意見が出されました。
 
平野次郎氏による基調講演がねっと 
出店丸太峰ちはる

 
社会体育館では、各種展示や体験、大道芸(パントマイムや手品等)、鉄崎幹人のふれあいステージ、峰ちはるショー等が行われました。特に飲食物の販売は早くから売り切れが出るほど盛況でした。また、味噌川ダムボート周遊、源流標柱視察もあり大勢の人に利用していただきました。

ミニステージボート標柱ツアー

 

木曽地域高度情報化整備事業

◆CATV(ケーブルテレビ)整備事業が始まります

  現在のテレビ放送はアナログ電波を受信し各地区のテレビ(共聴)組合で視聴しています。アナログ放送は平成23年7月24日をもって終了することが決まっていて、今年10月1日からは長野県内でも地上デジタル放送を開始しています。
現在、木曽広域連合では木曽郡全体でケーブルテレビの整備を実施しています。今後は光ファイバーと同軸ケーブルを使用し各家庭に引き込みを行います。

★引き込み工事について

 村内では3月下旬より薮原地区から順次引き込み工事を行い、7月下旬には村内全域で工事が終了する予定です。引き込み工事の概要は次のとおりです。

  1. 最寄の電柱・電線等から、各家庭の軒先等に保安器を設置させていただき、ケーブルを引き込みます。
  2. 更に保安器から宅内に無償貸与の音声告知付き端末装置(右写真)までケーブルの配線をします。

この端末装置の設置までの工事が広域連合が実施する工事となります。ケーブルテレビ加入の有無に関わらず実施されます。
音声告知付き端末装置は現在の同報無線同様、音声による行政情報の提供等に活用されるほか、ケーブルテレビに加入された場合は電話機、オプションのインターネットサービスを利用される場合はパソコンの接続先となります。
※ 村内に住民票を有する方のお宅へ引き込む場合は無料。村内に住民票がない方は別途料金が必要となります。

★月額使用料およびオプションについて

○ケーブルテレビ基本料(テレビ、アイピー加入者間電話セットで)一般世帯 … 月額  1,050円

○オプションサービス

インターネット回線利用料+プロバイダ利用料ライト 0.5M月額   840円
 スタンダード 15M月額  2,625円
  • アイピー加入者間電話 … ケーブルテレビ網を利用した加入者同士は無料で通話できる電話(通話料のみ無料、基本料金は必要となります)
  • 0.5M、15M … 回線の通信最大速度です。ハ
  • インターネット接続はオプションなのでインターネットのみの契約はできません。
  • 木曽郡内全域でケーブルテレビ整備事業が完了するまでの間は、予定するサービスのすべてを提供できる訳ではありません。そのため基本契約の月額使用料は、平成20年3月分まで735円(税込み)ご負担いただき、平成20年4月から1,050円とさせていただきます。

★チャンネルプラン

CH放送局名CH放送局名CH放送局名
1NHK総合10CS放送大学20BS日テレ
2NHK教育11NHK BS-121BS朝日
3NHKハイビジョン12NHK BS-222BS-i
4テレビ信州13NHK教育デジタル23BSジャパン
5長野朝日放送14テレビ信州デジタル24BSフジ
6信越放送15長野放送デジタル35自主放送(木祖村)
8長野放送16信越放送デジタル ラジオ 有料放送
9自主放送(木曽郡)17NHK総合デジタル   
  18長野朝日放送デジタル  

★視聴するためには

 現在の村内9つのテレビ組合は解散する方向で話が進んでいるので木曽広域ケーブルテレビへの加入申し込みが必要となります。2月頃から加入説明会を実施する予定です。
アナログ放送の終了する平成23年7月まではアナログテレビでの視聴が可能ですが、それ以降はデジタル放送対応テレビをご利用いただくか、テレビ1台につきSTBと呼ばれる変換装置を1台接続する必要があります。

 

税の窓口-2

◆御存知ですか?

農業所得の計算は、平成18年からすべての方が収支計算となります。 

 農業所得者のみなさまには、毎年確定申告にて所得を申告していただいておりますが、平成12年の法律改正で平成17年分申告まで特例が認められていた「経費目安割合」という簡易申告が廃止され、平成18年分申告(平成19年2月16日から平成19年3月15日)から、すべての人が収支計算による申告になります。

農業所得者とは、「農作物を販売した人」、または「自家用消費作物」として耕作営農をした人たちのことで、村民の多くの方が対象となっています。特例期間中に収支計算で申告なされた方もありましたが、次回申告には平成18年1月から12月までの農業に係る経費の領収書、レシート等が必要となりますので大切に保管しておいて下さい。

★収支計算とは?

農業収入 - 農業に関する必要経費 = 農業所得

農業の収入と、農業にかかった経費をそれぞれ集計し、収入から経費を差引いたものが所得となりますので領収書等は大切に保管しておいて下さい。
収入とは、農作物の販売金、転作奨励金等配当のあったもののほか、自家消費として栽培した作物の年間家族消費量をいい算出単価は、市場販売価格から計算します。
必要経費とは、肥料代、燃料代、共済費、資機材費、修繕費、公課費等をいいます。

★収支計算の手順

1  出荷伝票、納品書(収入)や領収書、レシート(必要経費)を保管します。
2 保管した伝票や、領収書を項目別に整理しノートに記載します。
3 項目毎に1年間の合計をまとめます。
4 確定申告を実施します。

 

上下水道だより~清流~

◆水道の凍結に注意

 11月に入り気温も下がってきて寒さが日一日と増しています。お宅の水道やトイレの凍結防止の点検はお済みでしょうか。
凍結防止ヒーター、不凍栓は機能しますか。コンセントの差し忘れ箇所はありませんか。水道だけでなくトイレなどの凍結防止も忘れずに今のうちに早めに点検をしっかり行い、凍結防止対策を忘れず厳しい冬に備えておきましょう。


◆鉛給水管使用の確認について

鉛給水管を使用していませんか?
水質基準における鉛の含有量が強化され、「給水栓においてこの基準に合致しないことがある」と木曽地方事務所環境課より報告がありました。
皆さんの家の給水管は大丈夫でしょうか? 最近では鉛管を使用する工事は見受けられませんが昭和期ではかなりの割合で使用されているそうです。平成期当初でも在庫を抱えた業者が使用していたこともあるそうです。
給水管は需要者の財産です。一度、指定工事店等に確認していただいてはどうでしょうか?
ちなみに…。村営水道配水管には鉛管は使用しておりません。


◆宅内排水設備工事融資あっせん制度の活用について

 村の事業により浄化槽を設置された皆さんへ融資あっせん制度の活用についてお知らせいたします。村では水洗化の促進を図る為、宅内排水設備工事の資金として金融機関等の融資を受けられた際に、利子の一部を補給する制度を設けております。制度の内容は左記のとおりです。是非ご活用下さい。尚、下水道供用開始から3年以上経過した箇所はこの制度を受けることが出来ませんので注意してくさい。

制度内容

  • 融資限度額 200万円
  • 償還期限  6年以内
  • 利子補給率 2分の1

 その他融資条件等、詳しくは建設水道課までお尋ね下さい。


◆ワンポイント

環境にやさしい洗濯用石鹸を見直してみませんか?

 現在洗濯用の洗剤として広く普及している合成洗剤は主に石油を原材料とした様々な化学物質から作られています。このため、自然界では分解しにくく、下水道や浄化槽でも処理しにくいため一部は河川へ出て行ってしまい環境に悪影響を与えています。さらに人体にも有害な物質が含まれている可能性も示唆されています。
このような中、天然素材で出来た洗濯用石鹸が見直され、溶けにくい等の欠点を改善した製品がスーパー等で売られている事をご存じでしょうか。
これらの製品は自然界で比較的容易に分解される成分から作られております。人体にも安心なのでアトピー性皮膚炎のお子様のいるご家庭では、既にご使用している事と思います。
合成洗剤は汚れのひどい時に使用する等使い分けて出来るだけ洗濯石鹸を使用する事をお勧めします。
但し、洗剤は多く使い過ぎない事はどの洗剤を使う上でも共通して言えますので適量を使用してください。
また、お風呂の残り湯を利用してぬるま湯で洗う事も上手に洗うコツです。

 

トピックス

◆小木曽自主防災組織設立

小木曽地区に自主的な防災活動を行うことにより地震等の災害による被害を防ぐことを目的とした防災組織が設立されました。
小木曽地区内の住民で組織され平常時には防災知識の普及、地域内の危険箇所の把握などを災害発生時には情報収集や初期消火、救出救護などを行います。
自治会ごとには防災部役員が設置され自主防災組織の運営に当たり、小木曽地区地域自治協議会へも参加します。

代表(連合自治会長)青木定祐
副代表清水紘一・小林宗行
事務局小林 桂
委員(12区)永瀬健弘
 (13区)出口今朝俊・巾崎明良
 (14区)湯川充典・永島充貴
 (15区)柳沢 修・奥原克也
 (16区)丸山幸一・五月日雅彦
 (17区)西野正幸・藤原和弘
 (18区)藤原国一
 (19区)笹川岩夫・藤原芳行
 (連合自治会会計)笹川義男

◆境峠・神谷断層帯の長期評価が改定されました

 木祖村は境峠・神谷断層帯と霧訪山・奈良井断層よばれる二つの断層帯の上にあります。地震は地下のプレートがこの断層面を境に動くことにより発生します。
今回、地震調査研究推進本部は境峠・神谷断層帯の再評価を行い17年1月の調査結果を改定しました。
断層帯の最新活動時期が絞られたことにより、今後30年間の地震発生確率は「ほぼゼロから13%」から「0.02から13%」に改め信頼度も「中程度」に引き上げられました。信頼度は上がっているものの全国でも3番目に高い発生確率は変わっていません。
この断層が動いた場合、マグニチュード7.6規模、木祖村での震度は6弱の地震の発生が予想されます。


◆祝 百歳

五月日カンさん

 本年度、百歳の誕生日を迎えられる15区の五月日カンさんに、敬老の日に際し、栗屋村長より表彰状と記念品が贈られました。
カンさんは、百歳という高齢にもかかわらず、お元気で特別な医療や介護を受けることなくご自宅で家族とともに生活しておられます。このことは、超高齢社会を迎え、健康で元気な村づくりを進めている本村にあっては、正に他の模範となる存在であり、健康福祉事業への貢献度は多大ということで、このたび、お祝いの意味も込めての表彰となりました。
表彰後には、村長ともしっかりした口調でお話をされ、ご自身の生活の様子や家族への想いを語られました。
お話の中から、「きちんと三度の食事を摂る」、「自分で出来る仕事を見つけて仕事をする」、「家族仲良く円満である」この三点に長寿の秘訣があるのかなという印象を受けました。
カンさんは、今でもご自身のものは全自動洗濯機を使いこなしてお洗濯をしているそうです。「全自動洗濯機は、好いたときに洗濯できるで都合が良い」と笑顔で話しておられました。
この日は、小泉内閣総理大臣と村井長野県知事からのお祝い状も併せて村長から伝達されました。また、木祖村老人クラブ連合会の伊藤会長さんからもお祝い状の伝達がありました。
カンさんは、人前に出ることが苦手ということで、内輪の方だけでの伝達となりましたが、「こんなに沢山の賞状をもらったり、大勢の人に祝ってもらって嬉しい。みなさんによろしくお伝え下さい。」と感謝の言葉をおっしゃっておられました。
益々のご健康とご長寿をお祈りしたいと思います。
いつまでもお元気で!


◆秋の催し

深まりゆく秋の中、敬老会、小学校・保育園の運動会、中学校おおとり祭など各地区で様々な行事が行われました。

村内4地区での敬老会

敬老会敬老会敬老会敬老会敬老会

中学校おおとり祭

おおとり祭おおとり祭おおとり祭

保育園運動会

保育園運動会保育園運動会 

小学校運動会

小学校運動会小学校運動会 

◆合同育樹祭

合同植樹祭合同植樹祭合同植樹祭

 木祖村と日進市合同の育樹祭が、紅葉の鮮やかになり始めた10月21日土曜日に小木曽国有林内の、「平成日進の森林」で開催されました。
日進市からは一般公募による参加希望者・市会議員・中学生など約100名、木祖村からも村民、みどりの少年団など約100名が参加し、いくつかのグループに分かれさわやかな秋晴れの中、ヒノキの枝打ちなどを行い、お互いの交流を深めました。
交流会では日進市と木祖村の友好の証、純米酒「杲流」も振舞われました。


◆全国日曜画家中部日本大会

安原さんの作品「天然林トレッキング」牛丸さんの作品「ゆり」

 10月14日から22日まで、今年で第20回目を迎えた「全国日曜画家中部日本展」が、「第11回木曽美術展」と併せて社会体育館で開催されました。
県内をはじめ愛知県や東京都などから79人から応募があり油絵90点、水彩画52点、計142点の作品が展示されました。最高賞の長野県知事賞は北名古屋市の橋爪美代さんが受賞されました。木祖村からは、牛丸ゆみ子さんがマルオカ賞を安原富貴子さんが銀賞を、それぞれ受賞されました。
また、20回記念特別展として第1回から昨年の第19回までの特選作品の展示も行われました。

安原さんの作品「天然林トレッキング」牛丸さんの作品「ゆり」 

◆柳川貢さん総務大臣表彰受賞

 柳川貢さんは、平成3年より木祖村を担当する行政相談員として活動をしていただいておりますが、このたびその功績が認められ、総務大臣より表彰状が授与されました。
行政相談員は総務省の委嘱により、国や県、それに市町村行政について、住民からの提案を受けたり、行政に関わる苦情や相談事などをお聞きする仕事に従事しており、本村の心配事相談所でも相談員としてご活躍いただいています。
柳川さんは、本年度長野県で2名受賞された内のお一人ということです。心よりお祝いを申し上げるとともに、今後も、健康に留意され村民と行政の架け橋として、ご活躍されますよう、ご期待申し上げます。
おめでとうございました。


◆地域包括支援センターをご存知ですか?

 木祖村地域包括支援センターが、高齢者の皆さんが元気で明るく住み慣れた地域で生活していくためのお手伝いをするために設立されました。

具体的には?

 介護の必要性が比較的軽度の方、今後介護が必要となるおそれのある方を介護予防の観点から支援していきます。また、高齢者やその家族の相談を受け、適切なサービスを紹介したり、高齢者の虐待・権利擁護などをはじめとする相談も受けています。

こんな時にはご相談ください

  • 現在は元気であるが、転倒の経験など健康に不安があり今後に備えて今からできることをしておきたい。
  • 介護予防サービス関係・介護保険の申請をしたが、認定の結果が要支援一・要支援二だった。
  • 自分自身が現在虐待を受けている、また友人知人が虐待されている様子である。など…

木祖村地域包括支援センター
(保健センター内)0264-36-2001


 

くらしの情報

◆国民年金保険料の免除・猶予期間はゆとりができたら追納しましょう。

国民年金保険料の免除や猶予を受けた期間は、国民年金保険料を全額納付したときに比べ、受け取る年金額が少なくなります。
このため、これらの期間は10年以内(例えば平成18年4月分は平成28年4月末まで)であれば、あとから国民年金保険料を納付すること(追納)ができます。

国民年金保険料を追納する場合は、国民年金保険料の免除もしくは猶予を受けた年度から起算して、3年度目以降に国民年金保険料を追納すると、承認を受けた当時の国民年金保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。
追納を希望される方は、松本社会保険事務所までお問合わせください。
平成18年度の追納保険料月額(加算額含む)
 全額免除半額免除
平成8年度16,480円
平成9年度16,260円
平成10年度16,010円
平成11年度15,400円
平成12年度14,800円
平成13年度14,230円
平成14年度13,690円6,840円
平成15年度13,490円6,740円
平成16年度13,300円6,650円
平成17年度13,580円6,790円
 

お知らせ

◆平成18年 工業統計調査にご協力ください 

 経済産業省による工業統計調査が、12月31日現在で実施されます。
調査は、製造業を営む事業所を対象として、その活動実態を明らかにすることを目的として調査されます。
この統計調査結果は、国や都道府県、市区町村などがこれからの行政を考える重要な資料として活用される他、企業・大学などの研究資料、小・中・高等学校の教材など広く利用されます。
12月から来年1月にかけて各事業所に「調査員証」を携行している調査員がお伺いし、調査票の説明と共に調査票への記入をお願いします。
これらの調査票については、統計法に基づき調査内容の秘密は厳守されますので、ご協力をお願いします。


◆ひまわり号(冬期間の土日運行)について

12月9日から3月31日までの土日祝祭日に運行します。1日朝5便、夕4便の計9便です。小木曽方面から8時30分薮原駅着の便を試験運行します。高校生の部活動等にご利用ください。詳細は、各戸に配布します時刻表をご覧ください。なお、料金は、平日と同じ100円です。

土日祝祭日のダイヤ

スキー場方面
始発終着経由地
薮原駅7:30スキー場7:52
薮原駅8:35スキー場8:55小木曽(五月日)
細島9:10スキー場9:22五月日
薮原駅15:25スキー場15:45小木曽(五月日)
薮原駅16:45スキー場17:06
薮原駅方面
始発終着経由地
細島8:10薮原駅8:30小木曽
スキー場9:25薮原駅9:47
スキー場15:55細島16:20
スキー場17:10薮原駅17:47小木曽(細島)



ひまわり号の一部ダイヤの変更等について

12月1日から小中高生の通学で使われているバスの一部の便について、降雪等を勘案し、運行時刻等を変更します。また、青年の家バス停は北分署前の発着となります。詳細については、後日各戸に配布します。

◆ご存じですか?検察審査会

検察審査会では、国民の中から選ばれた11人の検察審査員が、検察官が被疑者を裁判にかけなかったこと(不起訴処分)のよしあしについて審査します。
交通事故、詐欺等の犯罪にあい、検察官の不起訴処分に不満をお持ちの方お気軽にご相談ください。

長野検察審査会事務局
(長野地方裁判所松本支部内)
電話 0263-32-3043


◆変わらない安心【フラット35】

【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融公庫が提携して実現した”長期固定金利“の住宅ローンです。
▼金利の変動がないから安心(最長35年)
▼最高8,000万円までお借り入れできます。
▼保証料0円、繰上返済手数料0円
▼独自の技術基準で、住宅の質確保

照会先
◇住宅金融公庫フラット35サイト
www.flat35.com
◇住宅金融公庫お客様コールセンター ナビダイヤル
0570-0860-35
◇営業時間
9時から17時

◆「国の教育ローン」のご案内

国民生活金融公庫では「国の教育ローン」を取り扱っています。高校、短大、大学などへの入学時・在学中の教育費用に利用できます。また海外留学費用としても利用できます。
▼ 融資金額
学生・生徒1人につき200万円以内
▼利率
年2.45% (平成18年9月13日現在)
▼ 返済期間
10年以内(在学期間内で元金の返済を据置くことができます)
▼ 保証
(財)教育資金融資保証基金または保証人1名以上


お問い合わせ先


◇国民生活金融公庫松本支店
電話 0263-33-7070

◆児童虐待防止推進について

児童虐待に関する相談件数は依然として増加しており、特に子どもの生命が奪われるなど重大な事件も後を絶たない状況の中で、児童虐待の発生予防から早期発見・早期対応、保護・支援・アフターケアに至るまで切れ目のない総合的な支援体制が確保され、有効に実施されることが重要な課題となっています。これらの総合的な対策が地域に根づき、効果的に実施されていくためには、援助関係者を含む各界各層の幅広い国民の理解を深めていくことが不可欠でもあります。
こうした状況を踏まえ、急増する児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、また家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られるよう多くの民間団体や国・地方公共団体など関係者の積極的な参加を求め、協働して児童虐待防止対策への取組を進めています。

基本方針

  1. 児童虐待防止に向けた国民的意識の高揚・定着
  2. 地域社会に根ざした児童虐待防止活動の促進
  3. 児童虐待防止活動による民間団体等の関係団体や関係機関、地域住民等の連携強化

あなたの「もしや?」が 子どもを救う

平成18年度、国民一人ひとりが児童虐待問題についての理解をより一層深め、主体的な関わりをもっていただくための意識啓発を図ることを目的として、「児童虐待防止推進」における標語の全国公募により選定された作品です。

◆北朝鮮人権侵害問題啓発週間

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう。本年6月に施行された「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」では12月10日から16日までの1週間を「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と位置づけています。

◆里親になりませんか

~子ども達は家庭のぬくもりを求めています~

 親がなくなってしまった、病気で育てられない…。さまざまな理由から、親と一緒に暮らせないお子さんたちがいます。そんなお子さんを、家族の一員として迎え入れ、温かい愛情の中で育てていただける方はいませんか?
里親制度は児童福祉法に基づいて、里親となることを希望する方に子どもさんの養育をお願いする制度です。
里親の種類には、「養育里親」、「短期里親」、「親族里親」、「専門里親」という4つの種類があります。種類によって、養育をお願いする期間が数日間から数年と変わっていきます。

Q里親になるのに資格がいるの?

特別な資格の必要はありません。里親さんに望まれる事は、子どもが好きであること、健康で明るい家庭であること、健全な社会生活を営んでいることです。子どものためを思ってくれる方であれば誰でもなることができます。登録には、児童相談所の職員が家庭訪問させていただき、簡単な調査をさせていただきます。

Q どんな方が里親になるの?

これから将来を担っている子ども達のために、何かしたいと思っている方。自分のお子さんがいる方、子どもは既に自立をして夫婦だけの生活の方、夫婦間に子どもがなく、子育てしてみたい方。など、子どもがいる、いないに関わらず登録していただいております。

Q 養育費の補助はあるの?

養育費として、里親手当、生活費、学校教育費、医療費など公費で支給されます。

※詳しくは、
◆長野県松本児童相談所 
電話 0263-91-3370 までお問い合わせください。


◆木祖村のホームページがリニューアルしました

木祖村ニュース、行政カレンダー、木祖村写真館、木曽川交流等のページを新設しました。
詳しくはwww.kisomura.comをご覧ください。


緊急当番医
0120-890-423 へお問い合わせください。
お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344