源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の行政の中の広報の中の広報きそから広報きそ No.280
  

表紙のことば

木曽川の源流 ふるさと木祖村
明けましておめでとうございます

出初式出初式出初式大雪の中での出初式
昨年末の暖かい気候から一転、見る見る積もっていく大雪の中、毎年恒例の木祖村消防団出初式が行われました。
式典のあと、消防団員の力強い分列行進が行われ地域の防火・防災への一層の活動を新たにしました。
地域一丸となって災害のない1年にしましょう。


 

新年のごあいさつ

木祖村 栗屋徳也 

 あけましておめでとうございます。
2007年(平成19年)の新春を迎え、謹んで村民の皆様のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。
昨年中の村政の運営に深いご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げますとともに、本年もよろしくお願いをいたします。
昨年7月の豪雨災害は、かつてない降雨により村内のいたるところで被害がありましたが、幸い消防団や建設協力会、また地域の皆さんの協力により人的被害や大きな住宅災害もなく安堵いたしているところです。
懸案事項でありました住民の足の確保については、昨年4月より循環バス「ひまわり号」が村内を運行することとなり、多くの方々にご利用いただき感謝しています。
また、8月と11月には村が取り組んでいる上下流交流のこれからのあり方について、木曽川の水を利用する木曽川下流域の皆さんとともに考える「木曽川さみっと」を開催し、たくさんの方に参加していただきました。これを機に今後もさらなる交流の発展を進めていきたいと考えています。
さて今年の村政の運営にあたっては、木祖村は小さな自治体ですが、小さいなりに村の個性や特徴を伸ばしながら、村民の方々が生き生きと元気で暮らせるむらづくりをすすめてまいります。
むらづくりの指針となる第四次総合計画の制定をします。平成20年度からの10ヵ年計画ですので、現状の分析や将来の目標を立てながら、村民の皆さんからご意見をいただき計画の樹立をします。
7月の豪雨災害の復旧については11月より工事の発注をしていますし、また、県や国有林についても順次着手がされているところですが、一日もはやい復旧を目指して努力をしてまいります。
地域の経済力の向上をはかるため、地場産業の振興、雇用の確保を促す取組みもすすめてゆきます。若者が少しでもこの村に残れるような施策も展開できるよう、まずはできることから、関係の皆さんと協議し、国、県の指導や支援を受けながら取り組んで行きます。
ここ数年の間に福祉対策は構造改革により大きく変わりましたが、引き続き健康づくり・子育て支援・介護予防対策などソフト事業を積極的にすすめ、心も体も健康で安全・安心なむらづくりに取り組みます。
一昨年、各地域に地域自治協議会を立ち上げていただきました。敬老会や運動会、また環境整備などの活動をしていただいていますが、まだまだ定着するには時間がかかると思います。協働の精神のもと、地域で解決できることは地域で、また、助け合い、支えあえる地域づくりに村としても引き続き支援してまいります。
新たな試みとして、薮原町並みのにぎわい再生と活性化に向けて住民参加のもと、研究・検討をはじめます。また、この度、村民センター北側の三角土場・旧営林署跡地を取得しましたので、その活用も含めて検討をしていただきます。
上下流交流事業については、一層交流人口を増やし、村内の産業、観光、文化等に普及効果を及ぼし、少しでも経済効果を生み出せるような取り組みを進めます。下流域の方々とネットワークを創ることと、その要望にこたえられるよう、村内での受け皿としての体制づくりや、担い手、生産の基盤確保が大切ですので、是非とも関係の皆さんのご協力もお願いします。
地域高度情報化事業(CATV)が、本年の夏には、事業完了の予定です。村民の皆さんへの説明会も、冬の間に開催いたしますので、是非参加していただき、早期に加入をしてくださいますようお願いします。
間伐を中心とした森林整備も源流の里山づくりとして本年も実施してまいります。また、昨年の豪雨災害の反省を含め、治山・砂防対策についても、引き続き国や県に要望し、災害に強い郷土づくりをすすめます。
定住対策として、村営住宅の建設や村道の改良、下水道への加入促進など、生活基盤の整備に引き続き取り組みます。
西山地区の圃場整備も平成19年度が最終年度です。完了を目指すとともに事業による非農用地を取得し、多目的公園としての整備を予定している用地の利活用についても関係する方々と協議し決定してまいります。
教育関係では、小・中学校の維持修繕や教育環境を整えながら、少子化の中での学校教育の充実が図れるよう取り組みます。
また、社会教育、生涯学習の推進、社会体育施設の整備も進め、地域のコミュニティの確立を図ります。
昨年は村内各所で熊の出没、イノシシやサルなどによる農作物の被害が続出しました。鳥獣被害に対する抜本的な取組みを進め、地域の方々の協力を得ながら地域ぐるみでの対策を進めます。
本年4月から、生ゴミの減量化(リサイクル事業)に本格的に取り組むよう準備をしています。1月から薮原地区で、モデル事業をはじめます。どうかご協力いただきますようお願いいたします。
「源流の里」として、自然環境を保全し、目に見える景観、里山河川・水辺などの「美しい源流の風景」づくりも、地域の皆さんとの協働で一層すすめていきたいと思います。
以上、年頭にあたり平成19年の施策の一端を申し上げました。まだ、これから寒さが厳しくなりますが、村民の皆様方にはご健康には十分に留意していただき、本年もよい年でありますことを祈念し、新年のあいさつとさせていただきます。


 

木祖村表彰式

表彰式木祖村表彰式が11月23日に村民センターで行われました。
本年度は功労表彰2名、善行表彰2団体・1名が表彰されました。
(年齢は表彰日現在、敬称は略させていただきます)

◆功労表彰 

<< 永年村の公職などを歴任され、村政の発展に貢献された方  >>

中村一行

自治会長を2年、吉田分館運営委員を19年、内吉田分館長を6年、下水道協議会委員を2年、村誌専門委員を8年歴任されるなど多年にわたり地方自治、教育文化の振興に寄与されました。

<< 村の経済、分館の発展に特に顕著な功績があった方 >>

鷲澤捨男

昭和62年から㈱湯川酒造店の杜氏として清酒「木曽路」の製造、品質管理等一切を行っており、木曽路、木祖村の名を広められました。また、日進市との友好の証である「杲流」の製造も手がけられました。


◆善行表彰

<< 村の公益事業に尽力し、又は公務を助力し、その功績が顕著な方 >>

木祖村建設協力会

 平成18年7月の梅雨前線豪雨災害発生時に村の要請を受けて緊急対策工事を夜を徹して危険をかえりみず行い、被害を床下浸水6六件と最小限に食い止めました。

やぶはら高原走ろう会

 今年で20回目を迎えた「やぶはら高原ハーフマラソン大会」に初回から関わり、企画から運営まで会の総力を結集して協力をし、大会は回を重ねる度に知名度が上がり夏場の競技として全国のランナーに定着しています。なお、大会前日は村内宿泊施設も満室となり、村観光産業にも大きく貢献されています。

<< 衆人の模範とされる行為をした方 >>

五月日カン 99歳 16区

 本年度で百歳を迎えられます。本村で生まれ育ち現在も特別な介護を受けることなく自宅で生活されています。
長寿社会を迎え、介護予防・疾病予防を目指す村民の模範であります。


 

平成19年出初式 木祖村消防団

 1月6日土曜日に、社会体育館において伝統ある木祖村消防団の出初式が行われました。
消防団員116名が出動し、式典は厳粛の中にも盛大に挙行され、各種の表彰が贈られました。また、退団者や消防活動に協力いただいた方々にも感謝状が贈られました。
式典に引き続き役場前駐車場で観閲式を行った後、喇叭隊のすばらしい演奏の中、薮原町並みで力強い分列行進が繰り広げられました。

◆日本消防協会長表彰

精績章団長篠原 安磨

◆長野県消防協会長表彰

功績章副団長柳沢  修
功労章分団長武重 圭司
努力章分団長岩原 和彦
精績章分団長西牧 義明 ・ 林   孝
技術章分団長栗屋 和重
精勤章部長牛丸 正志 ・ 岩原 岳彦 ・ 笹川 康典 ・ 小出 賢治
小林  淳 ・ 原 今朝男 ・ 水本 崇徳
退職者感謝状元団長鈴木 正弘

◆木曽消防協会長表彰

功労章技術章副団長藤原 友博
分団長笹川 隆広
副分団長永島 博之
精勤章副分団長永井 悦郎
部長牛丸  篤 ・唐澤 光敏 
勤続章副団長山田 陽一
副分団長永井 悦郎
班長篠原 健二
退職者感謝状元団長鈴木 正弘

◆木祖村長表彰

村長功労章副分団長永島 博之 ・ 小林  久 ・ 横山  勝 ・ 永井 悦郎
15年勤続章部 長唐澤 光敏 ・ 牛丸  梓
班 長伊倉 博志 ・ 辺見 公司
退職消防団員感謝状元団長鈴木 正弘
元分団長児野  清 ・ 岩原  正 ・ 奥原 英之
元副分団長新田  尚

◆木祖村消防団長表彰

団長特別功労章班 長小出 賢治 ・ 横山 卓也
団 員水本 幸治
団長表彰班 長内山 卓也
団 員青木誠太郎 ・ 降旗 洋子 ・ 狭場 珠紀 ・ 奥原 尚弥 ・ 細野 雅志
精勤章9年連続高柳 政次 ・ 黒木 茂雄
8年連続岩原 清剛 ・ 奥原 尚弥
7年連続細野 雅志
6年連続近藤 隼也 ・ 青木誠太郎 ・ 狭場 珠紀
5年連続奥谷  渚 ・ 北川 文祥
4年連続湯川 正太
3年連続奥原 巧生 ・ 小坂真一郎 ・ 永瀬 規朗 ・ 丸山 達也
木山澤友太 ・ 奥原  大 ・ 栗屋 圭介
2年連続小野  真 ・ 藤原 清美 ・ 鹿谷 幸一 ・ 野中 裕朗 ・ 二木 秀幸
1年目湯川 昌紀 ・ 田上  尚 ・ 藤澤 優樹 ・ 田上 浩司
野中 將睦 ・ 岩原 久将 ・ 坪井  祐 ・ 奥原  誠
堀  克彦 ・ 水本  洋 ・ 林  雄祐
団長特別感謝状退職後援隊長篠原 岩男 ・ 出口今朝俊 ・  奥谷 茂由

◆平成18年退団者報償

消防庁長官銀杯元団長鈴木 正弘
元分団長児野  清 ・ 岩原  正 ・ 奥原 英之
元副分団長新田  尚
元班長川上 勝彦
長野県知事報償元団員奥原 一史

 

平成17年度バランスシート

◆バランスシートとは

平成18年3月31日現在に資金がどのように集められ、どのように使われているかを示す対照表で、長期的な財政状況を把握するため、民間企業で使われる企業会計分析の手法で決算状況をわかりやすく表そうとするものです。

【借 方】
・村がどのような資産を所有しているか、資金を何にどのくらい使ったかを確認できます。

【貸 方】
・村が今までにどうやって、どこからどのくらいのお金を集めてきたかを表します。また、税金や地方債などの借入金と、国・県からの補助金などが確認できます。

【資 産】
・これまでに木祖村が様々な形で行った村民の皆さんへの行政サービスの中で形成されたものです。

【有形固定資産】
・税金の投入などにより整備された土地、道路、橋梁、建物などの固定資産を計上したもので、土地以外は減価償却して計上しています。

【投資等】
・「投資及び出資金」、「貸付金」、「基金」、及び「退職手当積立金」に区分して表示し、基金のうち取り崩しやすい(流動性の高い)ものは、流動資産の欄に区分し計上しています。

【流動資産等】
・基金のうち、取り崩しやすい「財政調整基金」及び「現金」や「未収金」を計上しています。

【負債】
・資産形成するために調達した資金のうち、将来返済しなければならないものです。(簡単に言ってしまえば借金です。)

【正味資産】
・資産形成するために調達した資金のうち、将来返済を要しないものです。企業でいう資本、いわば自己資金のことです。

バランスシート
 

税の窓口-3

◆あなたの住民税が変わります

 平成18年9月号の広報でも昨年の地方税の改正内容についてお知らせしましたが、今回は、より身近な住民税と所得税の改正についてふれたいと思います。

何がどう変わるの? 

 「地方のことは地方で」という方針のもと、地方分権を積極的に進めていく「三位一体改革」が実現します。その柱というのが、今回の「税源移譲」で所得税(国税)と住民税(村・県民税)の税率を変えることで、国税を減らし、地方税を増やすことになります。
税源移譲によって、木祖村はより身近で、より良い行政サービスを提供するため必要な財源を直接確保できますが、反面、皆様方からお支払いいただく住民税が昨年と比較して随分と高くなったと感じられるかもしれません。

影響時期平成19年1月平成19年2月平成19年6月平成20年1月
給与所得者所得税減額 住民税増額 
年金受給者 所得税減額住民税増額 
営・事業者  住民税増額所得税減額

納税していただいている多くの方は、1月分から所得税が減り、その分6月分から住民税が増えることとなりますが、「所得税+住民税」総額負担は変わりません。ただし、税源移譲とは別に18年まで税額に応じて導入されていた定率減税が廃止されることに伴ない実質増税となります。

税源移譲による負担変動モデルケース(概算)

☆給与収入1人世帯者の場合
*給与収入の1割を社会保険料として考慮してあります。

税源移譲前(平成18年)
給与収入
所得税
所得税定率減税
住民税
住民税定率減税
合 計
300万円
124,000円
-12,400円
64,500円
-4,800円
171,300円
500万円
258,000円
-25,800円
163,000円
-12,200円
383,000円
税源移譲後(平成19年)
給与収入
所得税
所得税定率減税
住民税
住民税定率減税
合 計
300万円
62,000円
0円
126,500円
0円
188,500円
500万円
160,500円
0円
260,500円
0円
421,000円

☆夫婦+子ども2人世帯の場合
*給与収入の1割を社会保険料として考慮してあります。
*子ども1人は一般(15歳以下)1人は特定(16歳以上)扶養で計算してあります。

税源移譲前(平成18年)
給与収入
所得税
所得税定率減税
住民税
住民税定率減税
合 計
300万円
0円
0円
9,000円
-700円
8,300円
500万円
119,000円
-11,900円
76,000円
-5,700円
177,400円
税源移譲後(平成19年)
給与収入
所得税
所得税定率減税
住民税
住民税定率減税
合 計
300万円
0円
0円
9,000円
0円
9,000円
500万円
59,500円
0円
135,500円
0円
195,000円

☆年金収入1人世帯者の場合(65歳以上)
*年金収入の5%相当を社会保険料として計算してあります。

税源移譲前(平成18年)
年金収入
所得税
所得税定率減税
住民税
定率減税
+老年者経過措置
合 計
200万円
32,000円
-3,200円
18,500円
-12,800円
34,500円
250万円
79,500円
-8,000円
42,200円
-3,100円
110,600円
税源移譲後(平成19年)
年金収入
所得税
所得税定率減税
住民税
老年者経過措置
合 計
200万円
16,000円
0円
34,500円
-11,500円
39,000円
250万円
39,700円
0円
82,000円
0円
121,700円

☆年金収入2人世帯者の場合(65歳以上)
*年金収入の5%相当を社会保険料として計算してあります。
*70歳以上の配偶者控除があるものとして計算。

税源移譲前(平成18年)
年金収入
所得税
所得税定率減税
住民税
定率減税
+老年者経過措置
合 計
200万円
0円
0円
0円
0円
0円
300万円
79,000円
-7,900円
47,000円
-3,500円
114,600円
税源移譲後(平成19年)
年金収入
所得税
所得税定率減税
住民税
老年者経過措置
合 計
200万円
0円
0円
0円
0円
0円
300万円
39,500円
0円
86,500円
0円
126,000円

 

平成18年分申告相談

◆申告受付は、2月16日(金)からです。

平成18年分の所得税・住民税の確定申告が平成19年2月16日(金)から、平成19年3月15日(木)までの1ヶ月間木祖村役場及び各出先会場で行なわれます。今回の申告相談は平成18年税制改正による大切な申告となりますので最寄りの会場で正しく申告をしてください。


◆申告を必要とされる方は次の項目に該当する方です。

  • 農業・不動産・営業・譲渡・年金の所得のあった方。
  • 2ヶ所以上から給与・恩給・年金などを受けた方。
  • 年金・日雇・パート・退職などで年末調整を行なっていない方。
  • 医療費控除・損害控除を受けようとする方。
  • 年末調整を行なった方で、配偶者の給与収入・扶養等に誤りのあった方。

◆申告をしなくてもよい方。

  • 税務署で所得税の申告を行なった方。
  • 1事業所からの給与所得者で誤りなく年末調整をした方。
  • 全く所得のなかった方。

◆申告会場へ持参するもの

  • 本人名義の預金通帳及び印鑑
  • 源泉徴収票(給与支払者が源泉徴収票を発行しない場合は給与支払いが明確となる賃金明細書)
  • 農業・不動産・配当等給与以外の所得のあった方は、18年中の収入・支出が明確となる書類(帳簿類・領収書等)
  • 生命・損害・個人年金保険料の領収書又は控除証明書。
  • 医療費控除申告は、病院・薬局・介護老人福祉施設からの領収書・証明書及び生命保険会社等から保険金支払いのあったことが明確となる帳票。
  • 国民年金保険料支払い証明書

◆申告相談日程

 午前午後会場
2月27日(火)
12区
13区
老人福祉センター
2月28日(水)
14区
15区
3月1日(木)
16区・19区
17区・18区
奥峰リゾート休憩所
3月2日(金)
1区・2区
3区・4区
菅公民館
3月5日(月)
税理士無料相談・5区
役場2階大会議室
3月6日(火)
6区
7区
3月7日(水)
8区
9区
3月8日(木)
10区
3月9日(金)
11区

◆平成18年分からの所得税のおもな改正点

  • 定率減税が2分の1に縮減され10%相当額になりました。
  • 農業所得が目安割合方式が廃止され収支計算となりました。
  • 住宅耐震改修促進計画に基づき既存住宅を耐震改修をした場合所得税額の特別控除が受けられます。
  • 寄付金控除について、適用下限額が5千円に引き下げられました。

◆申告は正確に

  • 所得税は、ご自分の所得の状況を最もよく知っている皆さん自身が税法に従って自分の所得と税額を正しく計算し、期限内に申告、納税する「申告納税制度」を採用しています。
  • 確定申告をしなければならない方が申告しなかったり、誤った申告をしますと、後で不足の税金を納付するだけでなく、不足税額に加算税が課せられる場合があり、更に延滞税も納付しなければならないことになります。

◆申告書の作成はホームページで

  • 国税庁のホームページ「所得税の確定申告書作成コーナー」で作成した申告書をプリントアウトしそのまま提出できます。
  • 同コーナーを利用すれば自宅で都合のいい時間に申告書を作ることができ、郵送で税務署へ提出できますので是非ご利用ください。
  • 国税庁 ホームページ  http://www.nta.go.jp/
    所得税に関する問合せ 木曽税務署(所得税直通) Tel 22-3254

◆税務職員を装った「振り込め詐欺」にご注意下さい!

  • 税務職員を装い、現金自動預け払い機(ATM)を操作させ振込を行なわせる「振り込め詐欺」による被害が発生しています。
  • 税務署や長野県、市町村役場では一切現金自動預け払い機の操作を求めることはありません。
  • ATMなどの操作を求める不審な電話があったら、相手の求めには絶対応じず、一旦電話を切り、その後関係機関にご連絡ください。
  • 木曽税務署(代表)Tel 22-2024 木曽地方事務所 Tel 25-2216 木祖村役場 Tel 36-2001

◆税に関する標語・ポスター入選作品

長野県租税教育推進協議会長賞

咲かせよう 豊かなくらし 税金で
木祖中学校3年  湯川 大悟さん

関東信越税理士会長野県支部連合会長賞

ありがとう 大事にするよ 価値ある税
木祖中学校2年  奥原 理紗さん

木祖村長賞

納税で 支える暮らし 輝く未来
木祖中学校3年  丸山かなえさん

関東信越税理士会松本支部長賞

消費税 僕等にできる 第一歩
木祖中学校2年  草刈 拓真さん

木曽税務署長賞

止めなくちゃ あなたの税で 温暖化
木祖中学校2年  奥原 有佳さん

つくろうよ 輝く未来 税金で
木祖中学校3年  横沢  明さん


 

上下水道だより~清流~

◆上下水道料金の改定についてお知らせ 

 平成19年4月から、水道及び下水道使用料金が改定されます。
水道や下水道事業経営は特別会計によって運営されていますので、利用者からの使用料金収入により経営することが本来の姿ですが、村の一般会計から多額の不足分を補っているのが現実です。
水道会計においては水需要の増加に伴う施設の増改築や最近水道施設の老朽化に伴う各種の修繕・更新などの経費が増加しています。
運営に際し経費削減に努力をしていますが、国の交付税が減額されて来ているなか、村の一般会計からの繰入もこれからは今までのようにできない状況です。
下水道事業についてはこれまで加入促進のため料金を水道料金よりも安く設定してきましたが、建設事業を実施している段階であり、一般会計からの繰入金に多くを頼らざるを得ない状況であります。村では、自立プランの中で特別会計の経営の健全化を図る為に、段階的に料金の改定を実施する案を示し、平成17年度から料金改定を実施して参りました。
安定した経営を行なうためには、水道事業や下水道事業本来の経営方針に基づいた料金をいただき、赤字のない健全経営を目指さなければなりません。
何かと公共料金が値上がりをしているなかではありますが、将来を見据えた健全経営を行なうための料金改定にご理解をお願い致します。


◆水道料金はどう変わる ※口径13mmの場合

・10立方メートルまでの基本料金は1,680円で変わりません。
・20立方メートル使用では3,040円となり100円上がります。
・30立方メートル使用では4,610円となり200円上がります。
・40立方メートル使用では6,180円となり300円上がります。
・50立方メートル使用では7,960円となり400円上がります。
・60立方メートル使用では9,740円となり500円上がります。
(公会所等の「公共用」の区分がなくなります。)


◆下水道料金はどう変わる

下水道料金は水道料金と同額になります。
・10立方メートルまでの基本料金は1,680円で変わりません。
・20立方メートル使用では3,040円となり100円上がります。
・30立方メートル使用では4,610円となり310円上がります。
・40立方メートル使用では6,180円となり520円上がります。
・50立方メートル使用では7,960円となり730円上がります。
・60立方メートル使用では9,740円となり940円上がります。
(スキー場内料金は現行のまま据え置きとなります。)


◆水道料金改定表(1立方メートルあたり)

 
水道料金改定表
下水道料金改定表
区 分
基本料金
10立方メートル以下
1,680円
1,680円
1,680円
1,680円
超過料金
11~20立方メートル
126円
136円
126円
136円
超過料金
21~40立方メートル
147円
157円
136円
157円
超過料金
41~60立方メートル
168円
178円
157円
178円
超過料金
60立方メートル以上
189円
199円
178円
199円

 

健康増進

◆笑顔で生きがいをもって暮らせる村をつくりましょう!

***< 自分の健康は、自分でつくり、守っていきましょう。>***

ノロウイルスってご存知ですか? 流行しています!

  ノロウイルスは冬場に流行する感染症です。毎年、冬になると流行している感染症ですが、今年度は県内でも爆発的な流行がみられています。
他の感染症に比べ感染力が強く、手や食材等についたウイルスが体内に入ることによって発症します。感染後、1~2日の間に嘔吐・下痢・発熱・腹痛等の症状が現れ、症状が治まってからも、1~2週間程度は体の中にウイルスがいますので、十分な注意が必要です!!
対策は??

予防の基本は…

  • 石けんを使った手洗い・うがい。(*飲食の前、調理の前などは特に念入りに洗いましょう。)
  • 調理をする際には、調理前の手洗いをしっかりと行い、二枚貝(カキ、アサリなど…)など、ノロウイルスのいる可能性が高い食材は85℃以上で1分以上の加熱を行って調理をしましょう。

吐物の処理方法

☆準備するもの☆
  • ティッシュ、新聞紙 ・塩素系消毒液 ・ビニール袋2枚
  • マスク ・使い捨て手袋 ・手洗い用の石けん
  1. マスク、使い捨て手袋を着用し、ビニール袋A・Bの口を広げて準備をしておく。
  2. ティッシュ、新聞紙等を使って吐物をふき取り、ビニール袋Bへそのまま捨てる。
    吐物を捨てたビニール袋Bは口をしっかり縛ってからビニール袋Aへ入れる。
  3. 塩素系消毒液を染込ませたティッシュや新聞紙等でその場所を拭き取り、ビニール袋Aへ入れる。
    作業時に使用した手袋やマスクも周囲に触れないようにはずし、ビニール袋Aに入れて口をしっかり縛ってから捨てる。
  4. 全ての処理が終わった所で、手洗い用の石けんを使って念入りに手洗いをする。

消毒液の作り方

  • 500ml(空ペットボトルを使うと便利)の水に、塩素系消毒剤(ペットボトルのキャップ1~2杯)を入れ、薄める。
    *塩素の臭いの少ないものは、濃いめに消毒液を作る。(1%の濃度なら約10~20倍)

もしも感染してしまったら…

  • まずは、医療機関に受診しましょう。家庭では、患者とのタオルの共用や衣類の洗濯は別にして、二次感染を防ぎましょう。
  • 嘔吐・下痢等の症状がある場合には、脱水をおこさないように、十分な水分補給も大切です。

 

公民館トピックス

4月よりスタートしました公民館の学級講座は、老若男女問わず幅広く様々な分野の内容で開催しております。
今回は後半に行なわれた学級講座を紹介します。
事務局では来年度の講座開催に向けて公民館長と計画を練っています。
希望する内容ありましたら(やってみたい・知りたい・作りたい・行ってみたい)何でも結構ですので公民館事務局(Tel36-3348)までご連絡下さい。
またこの記事を見て参加したいと思った方は今後のマナビー通信など情報を見ていただき、迷わず是非是非ご参加下さい。
*全ての希望に添えない場合もありますのでご了承下さい。


絵本の読み聞かせ

◆絵本の読み聞かせ

保育園入園前のお子さんとお母さんを対象に絵本の読み聞かせ講座を開催しました。この日は40人のお母さんやお子さんが来てくれました。

女性セミナー

◆女性セミナー

今年もドライフラワー作りに挑戦! 出来上がった華やかな作品は文化祭展示会場を美しく彩りました。

しめ縄づくり

◆しめ縄づくり

大人の学級参加者・小木曽楽生会・すずめ塾の皆さんと小学生がしめ縄づくりを通じて交流しました。「おばあちゃんすげえ上手!」

◆木祖村学童野球チーム大活躍

  木祖村学童野球チームは小学校2年生から6年生まで30名が在籍し、4月から毎週日曜日定期練習を行いながら、各種大会へ参加してきました。
4つの郡大会では、優勝3回、準優勝1回という素晴らしい成績を納め、中信大会へも2回出場しました。
今シーズンの健闘を称えると共に、来シーズンの活躍も期待したいと思います。

木祖村学童野球チーム 今シーズンの成績  (  )内は得点

  • 第26回ライオンズ旗争奪木曽郡学童軟式野球大会
    第26回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会兼第25回長野県学童軟式野球選手権春季大会

    04/29(土) 木祖村(10) × 南木曽町(9)
    木祖村(9) × 大桑村(3)
    05/03(水)決勝戦 木祖村(11) × 上松町(5)
    優 勝 → 中信大会出場
  • 第54回木曽郡総合体育大会
    08/05(土) 木祖村(21) × 木曽町日義(1)
    木祖村(10) × 南木曽町(4)
    08/06(日)決勝戦 木祖村(13) × 上松町(16) 準優勝
  • 第25回長野県学童軟式野球秋季大会
    09/02(土) 木祖村(15) × 木曽町三岳(14)
    木祖村(15) × 上松町(3)
    09/09(土)決勝戦 木祖村(9) × 木曽町福島(8)
    優 勝 → 中信大会出場
  • 第4回木曽郡選手権大会
    10/01(日) 木祖村(7) × 上松町(4)
    木祖村(17) × 木曽町日義(1)
    10/07(土)決勝戦 木祖村(11) × 木曽町福島(1)
    優 勝

 

トピックス

◆味噌川ダムオリジナルソング

水資源機構味噌川ダム管理所ではダム完成十周年の節目にオリジナルソングを作成しました。
作詞は一般公募で選ばれた六区の岩原健一さん、作曲は愛知県のアウトドアタレント鉄崎幹人さんが担当しています。


現代の名工

◆岩渕英隆さん「現代の名工」に

優れた技術を持ち後進の模範になっている「現代の名工(卓越技能者)」に株式会社シンセイ(塩尻市)にお勤めの岩渕英隆さん(菅四区)が選ばれました。
岩渕さんはプラスチック成形工として、金型の取付、取り外しをカセット方式で角度を付けることにより従来の段取り時間を八割削減したほか、幾多の改善を行い、生産効率の増進、安全確保等に寄与されました。
また、役職者として生産・安全管理・品質などに目配りする一方、従業員には人の動き・作業手順などを指導されています。
今後の更なるご活躍をご期待申し上げます。

◆構造改革特別区域計画

「木曽地域(木祖村・木曽町・上松町・王滝村)どぶろく特区」が認定されました
平成18年9月25日に認定申請書を提出していた「木曽地域どぶろく特区」計画が、11月16日付で認定されたことに伴い、認定書授与式が12月4日に首相官邸で開催され、認定書が安倍内閣総理大臣より田中木曽広域連合長へ手渡されました。
これにより、酒税法で年間6キロリットル(一升ビンで約3,333本)以上と定められている最低製造数量の規制が緩和され、特区内で農業と民宿業等を併せて営む自家農家が自家栽培した米を使って少量でも濁り酒を造れるようになります。
濁り酒が地域活性化の起爆剤となることを期待しています。

特区の概要

  • 特区計画の作成主体
    長野県木曽郡木曽広域連合
  • 特区の名称
    木曽地域どぶろく特区
  • 特区の範囲
    木祖村、木曽町、上松町、王滝村の全域
  • 該当者
    木祖村、木曽町、上松町、王滝村で、農業と民宿業等を併せて営む農業者で、自ら生産した米を原料として濁り酒を製造しようとする者。

構造改革特区とは

  ある特定の地域にだけ全国一律の規制とは違う制度を認め、規制を撤廃・緩和することで、その地域の経済、社会を活性化させようという仕組みです。


停留所

◆ひまわり号停留所の看板が完成

  ひまわり号の導入により、新設された「役場前」「大平下」「スキー場南」の3つのバス停留所の看板を木祖中学校三年生の湯川大悟君に書いていただき、バス停に設置しました。

◆「TVデジタル化」に伴う振り込め詐欺に注意!

  デジタル化の切り換えに伴う個人負担は一切ありません。
地上デジタル化放送に関し、助成金として、一般家庭に負担金を請求するという、新たな振り込め詐欺が発生しています。
内容的には…
長野、岩手がデジタル化モデル地区に選定され、切り換え負担金?を総務省とNHKで三分の二負担するので、各家庭で残りの三分の一を負担してください。
等と書かれた文書が郵送されてくるようです。一人で判断せずに、関係機関に問い合わせをする等して確認してください。

 振り込め詐欺などで困っていることがありましたら、木曽警察署 生活安全・刑事課まで、ご相談ください。
Tel 22-0110

 

くらしの情報

◆年金相談の予約を受付けています

 長野県内七ヶ所の社会保険事務所と長野年金相談センターでは、年金相談の予約制を行なっています。

予約方法

予約の受付けは、予約日(相談希望日)の一ヶ月前から行います。
電話又は窓口で、予約を希望する社会保険事務所(木祖村の場合には松本社会保険事務所)又は長野年金センター宛にお申込みください。相談者氏名・住所・予約日(相談希望日)・相談内容等をお伺いします。
○予約時間→午前8時30分から午後5時15分まで(土・日・祝日除く)

予約年金相談の実施日時

次ぎの範囲で予約日時をご指定ください。
○月曜日(休日の場合火曜日)
午前8時30分から午後6時30分まで
○火曜日から金曜日
午前8時30分から午後4時30分まで
○第2土曜日
午前9時30分から午後4時まで
※予約なしでも、従来どおり年金相談は行なっています。
※予約日時について、予約状況によりご希望に添えない場合もありますのでご容赦願います。

連絡(予約)先

○松本社会保険事務所
電話0263-32-5821
○長野年金相談センター
電話026-226-8580


◆国民健康保険からお知らせ

医療費の節約を心がけてください。国民健康保険は皆さんが納めた国民健康保険税によって医療費を賄っています。医療費が多くかかると税金も上がり、皆さんの負担が増大することになります。医療費がかからないように日頃から心がけてください。

医療費節約のポイント

  1. 健康は一番の医療費節約
    日頃から病気にならないよう生活習慣を見直し、運動や健康診断を受けるようにしましょう。
    もし、病気になってしまったら早めに治療を!
  2. むやみに複数の病院に通わない
    「あっちの病院の方がいいような気がする」と考え、あちこちの病院に受診する人がいます。複数の病院に受診すると同じような検査を繰り返したり、似たような薬をもらったりと、不必要な医療費がかかります。
  3. かかりつけ医を持ちましょう
    大きな病院は高度な医療を必要とする人たちのための病院です。体調が優れない時はまず、地元のかかりつけ医に診てもらいましょう。
  4. むやみに薬をほしがらない
    病院に行くたびに薬をほしがる人がいます。自分の判断で薬を催促するのは止めましょう。

◆障害者扶養共済制度のお知らせ

 障がいのある方を扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定の掛け金を納めることにより、保護者に万一(死亡・重度障がい)のことがあったとき、障がいのある方に終身一定額の年金を支給する制度です。

加入できる保護者の要件

  1. 年齢は65才未満の方
  2. 特別の疾病又は障がいがなく、生命保険契約の対象となる健康状態の方
  3. 障がいのある方一人にたいして、加入できる保護者は一人です。

障がいのある方の範囲

  1. 知的障がいのある方
  2. 身障手帳1級から3級の方
  3. 精神又は身体に永続的な障がいのある方で1または2と同程度の障がいと認められるもの

問い合わせ及び申し込み先は
役場住民福祉課福祉係 (℡36-2001)
木曽福祉事務所 (℡24-2211)
までお願いします。


 

お知らせ

◆統一地方選挙日程に ついて

地方公共団体の議会及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律が施行され、期日が統一して実施されることとなりましたので、お知らせします。

  • 長野県議会議員一般選挙
    告示日 平成19年3月30日
    投票日 平成19年4月8日
  • 木祖村議会議員一般選挙
    告示日 平成19年4月17日
    投票日 平成19年4月22日

◆緊急地震速報について

  「緊急地震速報」は、震源に近い観測点で地震を検知し、直ちに震源や地震の規模(マグニチュード)、各地の震度などを推定し、大きな揺れが迫っていることをお知らせすることを目指す情報です。この情報を聞いて、大きな揺れが始まる前に防災行動をとることにより、地震被害の軽減が期待されます。
しかし、緊急地震速報には情報の提供から大きな揺れが始まるまでは長い場合でも数十秒程度であり、

  1. 震源に近いところでは、情報の提供が主要動の到達に間に合わない場合がある
  2. 震源、マグニチュード、震度等の推定が十分でない場合がある
  3. まれではあるが、ノイズ(雷や事故など)により誤報が発信される恐れがある
    などの技術的限界があります。

気象庁ではこれらの限界を踏まえて緊急地震速報が地震被害の軽減に有効に活用されるよう提供開始に向けた準備を進めています。

詳細については気象庁ホームページをご覧ください。
http://www.jma.go.jp/ 
問合せ 長野地方気象台  Tel 026-232-3773


◆放送大学で 学んでみませんか

  放送大学は、テレビとラジオの放送授業を中心に自宅で学べる正規の大学です。生涯学習を目的に短期間在学し、興味のある科目を学習することもできます。

  • 募集期間 
    平成18年12月15日(金)から
    平成19年2月15日(木)
  • 資料請求、お問合わせ
    放送大学長野学習センターまで
    (月曜日・祝日・年末年始休み)
    Tel 0266-58-2332

◆森林インストラクターになりませんか

今、森林や山の自然案内、子どもたちの自然体験活動などが各地で盛んに行われていますが、優れた指導者が不足しています。あなたも実践的に活動を学び、地域の指導者として活躍しませんか。NPO法人やまぼうし自然学校では理論に裏付けられた『実技』を重視した講座を開催して十二年になります。あなたもぜひ”使える内容“のこの講座を受講してみませんか。

2007年森林インストラクター養成講座 ~あなたも森の案内人~

  • 期日 平成19年2月18日
  • 場所 長野県林業総合センター
  • 内容 基調講演、試験制度ガイダンス、講義
    2回目以降は理論と実技の講座を実施
  • 受講費 2,500円(一般)
  • 申し込み
    NPO法人やまぼうし Tel 0268-74-2735 Fax 0268-74-2795

◆労災職業病健康相談会

  建交労・労災職業病支部ではアスベスト・じん肺・振動病・難聴などの労災職業病の相談会を実施します。次のような症状でお悩みの方はお気軽にお出かけください。
・「せきや痰が続く」(ほこりを吸い込む仕事をしていた人
・「手がしびれたり、冷たい。寒いときは指先が白くなる。」(チェーンソーなどの振動工具を使った人)
・「耳鳴りがひどい」(騒音の激しい職場で働いた人)

  • 日時 平成19年2月24日 午前10時から午後4時
  • 場所 村民センター
  • お問合せ
    建交労・労災職業病支部  Tel 0263-36-7826

緊急当番医
0120-890-423 へお問い合わせください。
お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344