源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の行政の中の広報の中の広報きそから広報きそ No.293

広報きそ No.293

広報きそ

平成21年4月2日

No.293

長野県木曽郡木祖村総務課
tel 0264-36-2001 fax 0264-36-3344

表紙のことば
平成21年度
施政方針
バランスシート
水の始発駅
フォーラムだより
子供 模擬議会いわな釣り 大会行政組織表
福祉タクシー
利用法
清流
ひまわり号
ダイヤ改正
公共施設
IP電話番号
公共施設
料金改定
公民館
学級講座
トピックスお知らせ
 

表紙のことば

ふれあいクッキング 男女交流会が行われました



ふれあいクッキング
 村と木祖村社会福祉協議会との共催により、3月6日(金)「ふれあいクッキング」が開催されました。今回は、村の男性料理サークル「一品つくろうかい」の方々も加わり、女性17名・男性17名の『男女交流会』となりました。
料理内容はテーマを「おひなまつり」として、牡蠣ご飯をはじめ、えびの揚げまんじゅう、菜の花のやわらか白和え、はまぐりの潮汁、イチゴ大福などをつくりました。デザートのイチゴ大福はとても可愛らしく、まるでお雛様のようでした。
一品つくろうかい(男性)のみなさんも、手慣れているだけあり、素晴らしい包丁さばきを披露してくださいました。最後にみんなで一緒につくった料理を食べ、色々なお話をし、楽しい男女交流会となりました。料理は「美味しい!」ととても好評でした。
 

平成21年度 施政方針(当初予算について)
 (平成21年木祖村議会3月定例会 村長施政方針より)

平成21年度の木祖村当初予算の提案説明にあたり基本的な方針・施策の説明を申し上げます。

◆村の予算編成について

●平成21年度 当初予算 総額27億6,103万円(前年度に比べ48,109千円の減額となりました。)

会 計 区 分平成21年度(千円)平成20年度(千円)増減(千円)構成比(%)
一 般 会 計2,017,315 2,117,426 △ 100,11173.1









国民健康保険329,281 297,454 31,82711.9
老 人 保 健714 51,595 △ 50,8810.0
後期高齢者医療制度33,167 37,961 △ 4,7941.2
村 営 水 道139,313 76,642 62,6715.0
農業集落排水事業103,387 94,128 9,2593.7
公共下水道事業137,856 133,936 3,9205.0
合  計2,761,033 2,809,142 △ 48,109100.0


●平成21年度一般会計予算概要(歳入・歳出円グラフ)

歳入グラフ歳出グラフ

◆基本的な考え方

1・平成21年度は第4次総合計画の前期基本計画の2年目であり、基本理念である「元気いっぱい源流の里木祖村」の実現を目指し、厳しい財政の現況と社会経済情勢の変化を充分認識し、それぞれの施策の評価検証や、本村が抱えている様々な行政需要に的確に対応すること、また、村民の意見や提言にも配慮しつつ予算編成を行った。

2・昨年の秋以降の急激な経済雇用などの変化は村内においてもその影響が大きい。誘致企業の一時休止や雇用の削減、消費の低迷、村内産業の減産など厳しいものがある。これに対処するため、国・県の緊急経済対策、雇用対策などに積極的に対応し、総需要の拡大を図るため、平成20年度1月補正予算、3月補正予算および21年度当初予算を一体的に編成し、これらを活用することにより少しでも村内経済の安定と雇用の確保を図ることとする。

3・各種のソフト対策としての住民の足や暮らし、健康づくりなどの現行制度の充実強化を図り、それぞれの事業の質の向上を目指す。

4・将来の財政状況を勘案し、選択と重点化、また健全財政の維持等に配慮する。


◆平成21年度重点施策

 本年度予算案は、予算規模としてはここ数年間を比較すると最少のものとなった。とりわけ一般会計においては20年度の2回の補正予算で前倒し計上したこと、ここ数年にわたり取り組んできた村営住宅の建設は、次年度以降に向けて、21年度中に計画策定することにより未計上としたこと、村道改良事業を、継続事業の2路線のみとしたことなどによる。

(1)村内経済の活性化策

 平成20年度補正予算(1月、3月)で、緊急経済対策として、地域活性化生活対策臨時交付金事業、定額給付金事業、地域経済活性化事業(村単プレミアム商品券)事業など、諸事業(繰越明許119,516千円)を早期に着手し、切れ目なく村内経済活性化の一助となるよう取り組む。

(2)緊急雇用創出事業

 国における緊急雇用創出事業およびふるさと雇用再生特別交付金事業などの制度を活用し、野生鳥獣被害防止対策、水の始発駅フォーラムを中心に村の自然資源観光資源の利活用を通し、村のPR、活性化を図る組織作りを進める。また、木祖村アンテナショップ(名古屋市)のさらなる活用を促し、村のPR、特産品販売の強化を図るための人員を配置する。

(3)公共施設耐震診断について

 平成20年度に実施した村民センターの耐震診断の結果により改造や改修について検討が必要となる。
 継続的に行うこととした公共施設の耐震診断は、21年度は中学校の全校舎について実施をする。

(4)図書司書の配置、地域図書館の設置の推進

 読書活動普及に向けて、小学校に図書司書を設置する。
 公民館図書、小中学校の学校図書を一元管理し、小学校の空き教室を活用し、学校開放と合わせ地域図書としての利用を進める。
 地域図書館運営協議会を設置し、あり方などを協議していただく。

(5)既存ソフト対策事業の充実強化を図る

・地域振興バス(ひまわり号)の休日運行の試行
 住民の足の確保とこだまの森、水木沢への試行運行を計画し、高校生の部活への対応、住民の余暇活動の利用、誘客等に繋げる。(4月から9月)
・福祉タクシー利用対象者の年齢拡大 (現行 70才以上を65才以上に)
・保育所の園児数、延長保育の増に対応、子育て支援センターの充実
・地域包括センターに新規に保健師の設置をする。
・プレママサポート事業
 国の交付金事業と合わせ健診回数の増(16回から20回)
・奨学資金貸付基金の増額
・熟年健康大学
 血液検査により、運動成果の確認し参加者の意欲の向上に繋げる。
・高齢者インフルエンザ予防接種 (550人→620人)
・リサイクル事業
 古紙回収益を地域自治協議会へ還元(260千円→656千円)
・コミュニティ助成事業により音響施設、テント等を購入し、地域イベントの充実を図る。

(6)農林業対策

・遊休農地解消対策と鳥獣被害対策を積極的に推進する。
・自給飼料の確保を図るため飼料作物(牧草)の更新に補助をする。
・森林整備 国や県の制度を活用し森林整備を積極的に進める。
 公有林整備事業森林整備保全重点地域特別対策事業、県の森林づくり県民税活用による事業等により取り組む。
・有害鳥獣対策
 緩衝帯整備事業や駆除従事者への補助金の増
 緊急雇用創出事業による里山周辺の除伐を行う。
・西山地区について、農地集約化による農業経営高度化支援事業補助金を交付

(7)村道等

・継続事業の2路線(寺平斧の沢線、吉田線)の改良整備、こだまの森グランドの整備等を平成21年度 で完成させる。
・橋梁の長寿命化計画策定に向け橋梁の点検を進める。

(8)上下水道

・しらかば平別荘地水道施設の改良整備に着手
・上下水道料金の改定(6月1日より)

(9)村有地等利活用について

・旧保育所跡地、旧営林署敷地、三角土場等の事業化に向けての計画づくりを進める。

(10)その他

・CATV自主放送、ホームページ等の広報活動の充実策の検討
・災害時支え合いマップの活用、普及
・直売所構想、アンテナショップの利用拡大等に基づく農作物作付け、農地活用、特産品開発、販売促進の検討準備等

(11)長野県工事関係

藪沢砂防堰堤
 本堰堤工事に着手、21年度完成予定

寺の沢砂防堰堤
 本堤・副堰堤等が完成し林道薮原線の橋梁工事に着手
 21年度渓流保全工事に着手、小学校プール付近まで
 22年度渓流保全工事 木曽川までの予定

主要地方道奈川木祖線
 20年度 用地買収(村・林協)と一部改良工事に着手
 21年度 用地買収、測量試験一部工事に着手か(予算充当による)

 

平成19年度 木祖村のバランスシートを公表します

平成19年度バランスシート 貸借対照表(公開用平成20年3月31日現在)pdf



☆はじめに

 木祖村では、平成12年度から総務省様式(基準モデル)に基づく年度末のバランスシートを作成し公表しています。平成19年度は「新地方公会計制度実務研究会報告書」に基づき総務省方式改訂モデルで作成しました。
 バランスシートを作成することで、単年度の収支決算報告では把握することができなかった、長年の行政活動の結果として形成された資産の状況、その財源となった資金の調達状況などを明らかにすることができました。これらは、木祖村の財政運営における貴重な資料となるとともに、村民の皆さんに対して、新しい視点からの財政状況の提供を可能にしました。

☆バランスシートの見方

借方貸方天秤 バランスシート(貸借対照表)は、基準日において保有するすべての資産、負債などのストックの状況を総括的に表示した報告書です。
 左側「借方(かりかた)」は『資産の部』として、木祖村がどのくらいの資産を保有しているか、「資金を何にどのくらい使ったか」の資金運用状況を示しています。右側「貸方(かしかた)」は、地方債や債務負担行為など将来の支出を義務づけられているものを『負債の部』として、また、国・県補助金や税金など将来に負担のないものを『正味資産の部』として「資金をどこからどのくらい集めたか」を示しています。
 言いかえれば、木祖村が村民の皆さんにサービスを提供しようとするとき、つまり資産を形成しようとするときは、「お金」が必要になります。そのお金の調達方法には大きく分けて二つの方法があります。
 (1)自己資本(国県の支出金や税金などの一般財源)これを『正味資産』と呼びます。企業などでは「資本」に相当するものです。
 (2)他人資本(地方債、債務負担行為など)これは『負債』と呼ばれます。いわば借金です。
 この二つの方法によってお金を調達したら、このお金によって行政サービスという活動を行います。その結果、建物や土地などの固定資産を取得したり貯金や現金として残ったりします。これを総じて『資産』と呼びます。『資産』は、『負債』と『正味資産』によって手に入れたお金が形を変えて木祖村に残ったものとも言えます。すなわち、次のような関係が成り立ちます。
 『負債』と『正味資産』の合計は『資産』と同じになります。この左右が同じ金額になり、バランスが取れているので、『バランスシート』と呼ばれています。

☆木祖村の作成基準等

 今回作成したバランスシートは、総務省方式改訂モデルにより作成しました。耐用年数の見直しなど方式が異なることにより単純に前年度までのものと比較ができません。また、売却可能資産についても不動産鑑定による資産評価をしていないため計上していませんのでご承知ください。なお、今回のバランスシート作成においては、財政健全化法の施行に基づく健全化判断比率のひとつである「将来負担比率」の算定にもちいた金額が注記に記載されるなど変更がなされています。
(1)対象とする会計範囲は、普通会計としました。したがって、村営水道特別会計などの事業会計は含まれていません。
(2)作成基準日は、会計年度の最終日(3月31日)です。
(3)使用した基礎数値は、昭和44年度からの「決算統計データ」を用いました。よって、それ以前のデータは、今回の作成上では反映されておりません。
今後、木祖村では資産を増やすためにお金を使うか、毎年使い切ってしまい翌年度以降に資産として形に残らない福祉事業などの費用に重点をおいた方がよいかは、村民の皆さんの意見を聞きながら進めていかなければならないと思います。
 

木曽川・水の始発駅フォーラムだより第12号


 ★木曽川・水の始発駅フォーラムホームページ→http://www.kiso-msf.com/ 事務局:木祖村役場産業振興課内


◆輪かんじき作りを開催

 木曽川・水の始発駅フォーラム体験・学びプロジェクトでは去る2月28日(土)、やぶはら高原スキー場ほのぼのハウスにて昔ながらの雪面歩行具「輪かんじき」を作る体験会を行いました。小木曽の清水勝さんが講師を務め、遠いところからは静岡県、三重県、愛知県から、県内では安曇野市、上松町や村内などからお越しいただき、全員で17名の方に参加をいただきました。
 ジジャの木の幹を曲げ、2本を組み合わせたところに滑り止め用の爪がついたものを予め清水さんが用意し、今回はそこに針金などで足を乗せる部分を作って完成させるというもので、9時から作業を開始しお昼には参加者全員がかんじきを完成することができました。午後はやぶはら高原スキー場のご協力によりダイヤモンドライナーの終点までリフトで上がり、輪かんじきをつけてさつきパノラマコースを下りました。みなさん雪に覆われた山でかんじきの歩き心地を試していました。思った以上に大勢の方に参加をいただき、やぶはら高原スキー場に初めて来た方もいらっしゃいました。
輪かんじき作り輪かんじきでスキー場散策 

◆平成21年度のフォーラムは4月11日(土)

 平成21年度のフォーラムの開催は4月11日(土)を予定しています。
 村内には地域のために様々な活動をされている団体がいくつかあります。その自発的活動をこのフォーラムの場で紹介していただくことにより、情報交換の良い機会となると考えまして、今年は4つのプロジェクトの報告にこだわらず、村内で活動されている団体の方にも出席していただき、ふだんの取組みの紹介をしていただきたいと考えております。
 改めてご通知申し上げますので大勢の団体の出席をお願いいたします。 

 

 木曽川・水の始発駅フォーラムでは新たな事業に取り組む予定で、幹事会で会議を重ね組織の見直しを検討しています。現在77名の会員が継続的な活動を中心に取り組んでいますが、更に自発的に取り組める組織にしていくため本年4月1日からは事務局を専門に置き、更に活発になるよう充実を図って行きたいと考えています。
 水源地域活性化のためにみんなが楽しく活動できるものにしていきましょう!



◆事務局から

  第12号では「輪かんじき作り」を中心に紹介しました。今後も引き続き活動の計画や報告を掲載していく予定でおります。
  皆様からのご意見などお待ちしております。
     木曽川・水の始発駅フォーラム事務局(木祖村役場産業振興課内)
     担当:東 大平 (Tel 36-2001・Fax 36-3344)

 

子ども模擬議会

子供模擬議会今年で7回目となった子ども模擬議会。中学2年生が、日頃疑問に感じていること、これからの木祖村に望むことなど、子どもたちなりに意見を出し合い質問にまとめました。     
当日は一般質問形式で代表10人の皆さんが質問をしました。
以下要約を掲載します。

☆木祖村のPR強化について

【笹川 茜 模擬議員】

 《質問》
 木祖村にはたくさんのイベントや自然が豊富な観光地がありますが、PRが足らず、今あるイベント・観光地をいかしきれていないと思います。ホームページ等でもっと観光客の方が来たくなるような環境や、ここに行けば木祖村のお土産が買えるという所を作ったり、特有のグッズを増やし木祖村に来た、という事を残せるようにしてはどうでしょうか。

《回答》
 現在はメディア、イベント、ホームページを通じた宣伝、上下流事業を通じての宣伝販売をしています。昨年から名古屋市への出張所開設やアンテナショップへの出店によりPR、誘客を進め、「木祖村」という名前を知る人が増えてきました。また、村からの発信も大事で、案内人の育成、農産物直売所の構想もあり、ここからPRしていくことも大事だと思っています。

☆ ひまわり号の休日運行について

【原 俊昴 模擬議員】

《質問》
 ひまわり号の運行により交通手段がとても便利になりましたが、土日が運休になっています。
 土日に運行させると、とても便利だと思いますので考えていただけませんか。

《回答》
 ひまわり号が運行して3年が経過をしますが、今までの利用実績を踏まえてバスの種類や運行方法等、もう一度住民の足全体について考える時期が来ていると思います。土日の運行についてもその中で検討を進めていきたいと思います。

☆ 村内の経済活性化について

【清水 亮 模擬議員】

《質問》
 定額給付金は地方経済を活性化させる事が目的になっているそうです。他の地方では給付に合わせ消費拡大をするための取組みを すると聞きましたが、木祖村でも経済活性化のため、村内の店舗で利用できる商品券を作っていただけないでしょうか。

《回答》
 定額給付金は国会の審議により支給が行なわれるか不明確な部分がありますが、生活支援と経済活性化を目的に給付されるものであります。現在、商工会と村で、村内の店舗で利用できるプレミア付きの商品券を検討しています。この商品券が活用されるよう協議をし、経済活性化につながる方策の検討をすすめたいと思っております。

☆ 村営住宅について

【永瀬優也 模擬議員】

《質問》
 今のこの村は人口が減少し高齢化も進んでいて、活気もなくなり観光地としてもだめになってゆくと思います。住宅地がもっとあれば若い人達も村へ来て活気に満ちると思いますが、積極的に住宅建設をしていくことはできませんか。

《回答》
 村営住宅は現在45戸建設されており、38世帯、113名入居していて毎年入居希望者も多いです。今まで宮の森地区を中心に建設してきましたが薮原地域、菅地域にも住宅を建設してほしいという意見も多数あり、町並み全体のレイアウトを頭におきながら住宅建設を積極的に進めていきたいと考えています。

☆ 自然を利用した幅広い年齢の 人達が利用できる運動場の設置について

【奥原 槙 模擬議員】

《質問》
 子ども達が遊ぶ公園がなくなって体を動かす場所がなくなってきています。木祖村の自然を生かした公園や幅広い年齢の人達が利用できる運動場や施設を作っていただけませんか。

《回答》
 自然の中に入って体験することは大事であり、自分達が村の自然についてよく知っていれば村へ訪れた都会の子ども達にも自然のすばらしさを教えられます。「自然を利用した運動場」についてはすばらしい提案だと思うので、これを機会に日常的に自然の中で遊べる施設や運動場はどういう物がいいか、皆さんから提案を頂きながら検討したいと思います。

☆ 図書館施設について

【奥原佑哉 模擬議員】

《質問》
 村内に図書館があると調べ物や勉強、調べ学習に役に立ち便利だと思います。村外の人が本を借りに来れば村の活性化にもつながるし、読み聞かせをすれば小さい子どもさんも来ると思います。以上のように工夫をすれば利用者数も増えると思いますがいかがでしょうか。

《回答》
 21年度から村民の皆さんに読書活動の普及をしていきたいと思っています。調べ学習も含め、皆が利用できる図書館の事業を考えていきます。学校図書館へ司書を配置し、小学校・中学校・公民館図書を一元管理してインターネットで蔵書検索ができるようにします。また、公民館図書を小学校へ移動して地域図書館として開放していきます。皆さんが借りやすい環境を作っていきたいと思いますので、図書館へ入れてほしい本等どんどん意見を出してほしいと思います。

☆ 通学路の雪かきと国道の水よけカバーについて

【新田小春 模擬議員】

《質問》
 通学時に雪かきをする時間が遅く、また、雪をかいていない事も多々あり、とても歩きにくく困っていますので、安全に登下校するため対策を考えて頂けないでしょうか。また、国道の通学路の水よけカバーが割れて壊れている部分がたくさん見られますが、危険なので直してもらえないでしょうか。

《回答》
 雪かきの時間が遅く歩きにくいことについては大変申し訳ありません。早急に教育委員会で対応してこれからそういう事のないよう気をつけたいと思っています。できるだけ皆さんのバス路線や通学路の確保ができるよう対応していきたいと思います。水よけカバーについては、補修する所が37箇所あるようです。皆さんが安全に登下校できるよう、早急に国道事務所へ村からもお願いしたいと思っております。

☆ インフルエンザの予防接種の補助金について

【鎌田明莉 模擬議員】

《質問》
 中学三年生まで医療費が無料でとても助かりますが、インフルエンザ予防接種はそうではありません。毎年流行し、集団感染等が心配なので多くの子どもが予防接種を受けられるよう、補助を出していただけないでしょうか。

《回答》
 子どもさんは接種後、重い病気になる等の副作用の心配があります。国や村が安全性や効果を自信を持ってすすめられるようになれば、補助金も考えていきたいと思っています。それまでは普段の規則正しい生活や予防と合わせ、自分達の責任で行って欲しいと思います。また、新型インフルエンザにはワクチンができておらず、絶対効くという保証のある薬もないため、世界的に流行すれば大変多くの患者さんや命を失う方が出る心配があり、今世界中で準備をしている所です。やはり日頃の健康維持と予防がこれからの絶対条件になるのでご理解頂きたいと思います。


☆ 木祖村の工芸品や特産物を通しての村の活性化について

【奥原史佳 模擬議員】

《質問》
 木祖村にはお六櫛や額縁、おんたけ白菜など様々な工芸品や特産物がありますが、もっと宣伝をしていけないでしょうか。宣伝を広める事により、観光客も集まり村も活気づくと思います。またこのような技術を引き継ぎ、後世へ伝えていく人材も必要で、これも宣伝する事によって人材確保もできるのではないかと思います。

《回答》
 村には数多くの特産品があり各々家内工業的な企業が多く、高齢化、後継者不足、販売額が伸びない等、生産拡大が難しくなっています。これからどのように進むべきか分析をして、検討しながら進めていかなければなりません。村と商工会で物産を売り出せるようなパンフレットの作成やイベント・名古屋出張所・直売所も含めPRと販売の拡大や誘客を図っていかなければいけないと思っています。村の活性化にむけいろいろな対策をとりたいと思います。

☆ 街灯の整備について

【藤原優希 模擬議員】

《質問》
 下校時の通学路で電球が切れていたり、光が弱まっている街灯を見かけます。冬季は足を滑らせる危険があり、暗くて不安になる時もあります。不審者に襲われる可能性もるので、安全に過ごせるよう、定期的な街灯整備を考えていただけませんか。

《回答》
 通学路については早速取替えの手配をしました、皆さんも街灯の調子の悪い所がありましたら遠慮なくお知らせ下さい。村内の街灯は村の管理と各自治会の管理と二通りあります。本年度は十九基街灯設置をしました。街灯の数は増えていますが空き家の増加、商店の減少等から毎年の設置数は増えてきているように思います。皆さんの安全を第一に確保するため、定期的な点検整備は大事な事です。これからもきちんと対応していきたいと思います。

 

第23回やぶはら高原「いわな釣り大会」

☆村民の皆様のご参加を、お待ちしております

大会期日  6月6日(土) ※豪雨の場合は中止になります。  
申込期間  4月1日(水)~5月25日(月)

大会区域  【餌釣り区域】・・・・・・・・・・花の木橋~東橋 
        【ルアー・フライ釣り区域】・・・・笹川橋~木曽土建機材センター付近のエンテイイ

参 加 費  事前申込の場合 大人4,000円  小中学生2,000円   
        当日申込の場合 大人5,000円  小中学生2,000円

申込方法  往復ハガキか、木祖村観光協会ホームページ(
http://kankou.kisomura.com)からお申込み下さい。

競技時間  午前7時~11時 【受付は午前6時~】  ※大会終了後に、おたのしみ抽選会があります。

※詳しくは、「やぶはら高原イベント実行委員会」までお問い合わせ下さい。 Tel 0264-36-2766いわな釣り大会地図

 

平成21年度 木祖村行政組織編成表

  ●平成21年度 木祖村行政組織編成表pdf

 

福祉タクシー御利用についてお知らせ


◆平成21年4月1日より65歳以上の方から利用できます!

○利用できる人  

 平成21年4月1日より村内に有する満65歳以上の方、障害者手帳等の交付を受けた方、生活保護世帯の認定を受けた世帯の方等となっています。
  (21年3月までは70歳以上の方が対象でしたが年齢を引下げて65歳以上の方から対象となります)

○福祉タクシーの運行範囲 

 「村内一円」及び「木曽病院」まで

○利用券の発行  

 場  所・・・木祖村役場住民福祉課または木祖村社会福祉協議会
 利用券代・・10枚綴り3,000円 20枚綴り6,000円 (1枚あたり300円)

 ・利用券は本人のみ使用できます。
 ・村内一円は片道利用券1枚、木曽病院へは片道利用券2枚

○運行日及び時間 

運行日は月曜日から金曜日、運行時間は午前8時から午後5時まで

月曜日から木曜日
木曽病院1便  行き 木祖村発   午前8時→木曽病院着午前9時頃
          帰り 木曽病院発 午前11時30分頃

村内での利用時間  午前9時30分~午前11時 午後1時~午後5時

金曜日
木曽病院専門日   3往復します
         行き 木祖村発   (1)午前8時頃      (2)午前10時頃   (3)午後1時頃
         帰り 木曽病院発 (1)午前11時30分頃 (2)午後1時30分頃 (3)午後3時~午後3時30分頃
  ※(帰り(3)は予約がないと運行しませんので、必ず予約してください)

○利 用 方 法  

 福祉タクシーの利用は全て予約となります。あらかじめ電話で予約してください。
 連絡先 →やぶはらタクシー株式会社 Tel 36-2403 

※ 福祉タクシーの乗車車両が限られていますので、予約ができない場合もありますのでご了承願います。

お問い合わせは  
 木祖村役場 住民福祉課へ Tel 0264-36-2001
  

  

上下水道だより ~清流~ 第37号


◆上下水道料金の改定についてお知らせ

 平成21年6月から、水道及び下水道使用料金が改定されます。
 水道や下水道事業経営は特別会計によって運営されていますので、利用者からの使用料金収入により経営することが本来の姿ですが、村の一般会計から多額の不足分を補っているのが現実です。
 水道会計においては人口減少や節水による使用水量の減少や、近年水道施設の老朽化に伴う各種の修繕・更新などの経費が増加しています。
 下水道会計においては現在約7割の加入率となっている事や建設事業費による多額の公債費の支払を行っています。
 運営に際し経費削減に努力をしていますが、老朽化した施設の改修に今後も多額の費用が必要であることや下水の起債償還もこれからピークを迎えようとしています。
 自立プランの中で特別会計の経営の健全化を図る為に、段階的に料金の改定を実施する案を示し、平成17年度から2年毎に料金改定を実施して参りました。
 今回の料金改定では、平成15年以来、同じ金額となっている基本料金について、水道・下水道それぞれ月額105円の値上げをお願いするものです。
 百年に一度と言われる経済不況のなかではありますが、将来を見据えた健全経営を行なうための料金改定にご理解をお願い致します。
水道料金改定後料金表

○コラム木祖村の人口予測について

 料金改定の実施にあたり、人口予測を基に財政見通し行っています。その結果、平成30年には人口が3,000人を割ると予想しました。  人口減少による料金収入の影響は顕著であり、改定の翌年には前年度の収入を下回る状況が続いています。今回の料金改定では現在の料金収入の水準を維持するため最小限度の値上げ幅となりました。

木祖村の人口推移

 

ひまわり号のお知らせ

木祖村コミュニティバス「ひまわり号」をいつもご利用いただき、ありがとうございます。
総務課より、「ひまわり号」に関係する2つのお知らせです。
バス

◆ダイヤ改正について

 この4月1日から、ひまわり号の運行ダイヤが改正されました。主な改正点は次のとおりです。

(1)通学者向けに、3便(花の木6:50発)を柳沢6:47発に延長しました。
(2)主に園児が利用する、朝の7~10便の路線と時刻を改正しました。
   7便:薮原駅~菅~細島~宮の森~(塩沢より時刻変更)~薮原駅
   8便:薮原駅8:45~小学校~光沢~わら原~ねぎや~宮の森(国道は通りません)
   10便:青年の家9:01~宮の森~光沢~役場~薮原駅9:17(9:21松本行に接続可)
(3)林業会館前に、新たに「向吉田」バス停を設置しました。
(4)薮原~菅方面の各便について、朝と夕方を中心に運行時間を見直しました。
 ※ 各バス停の時刻は、すでにお配りの新しい時刻表をご覧ください。

◆高校生用定期券の販売について

 全てのひまわり号(冬期間の観光路線を含む)に乗車できる高校生用定期券は、下記の通り販売しています。
 これまでご利用いただいた学生の保護者の皆様からは、「毎日の送迎の負担軽減になった」、「送迎時の安全が確保された」、「乗る度に100円玉を用意する手間がいらず、朝の忙しい時に便利」というような感想をいただいています。
 まだご購入でない方は、お早めにご購入ください。
 1 申 込 期 間   3月19日(木)~4月17日(金)
 2 有 効 期 間   平成21年4月1日~平成22年3月31日
 3 金     額    20,000円
 4 申 込 場 所   役場総務課(平日:8:30~17:00)
 5 その他
  ・申込の際、印鑑と学生証等(写し可)をご持参ください。
  ・平成20年度に定期券を購入された在校生で、学校の変更(転校等)がない場合は、新たに学生証の提示は不要です。
  ・新入生の方は、学生証等(写し可)の提出は後日でも結構です。

 ※これからも引き続き皆様のご利用をお願い申し上げます。
桜

お問い合わせは
 総務課(担当:大島) Tel 36-2001 

木曽広域ケーブルテレビ 木祖村公共施設IP電話番号のお知らせ

 木曽広域ケーブルテレビが整備されたことにより、木曽郡内のケーブルテレビ加入者間同士でIP電話にて無料通話ができるようになっていますが、村内の公共施設へもIP電話を利用して無料で電話がかけられるようになりましたので下記のとおりお知らせします。
 なお、この電話番号は平成21年4月1日時点での電話番号であり、今後変更する可能性もありますので、ご了承お願い致します。  

◆電話をかける際には、電話番号の前に必ず**を押してからおかけください。IP電話番号表


 

木祖村公共施設使用料改定のお知らせ

 平成21年4月1日から村民センター、老人福祉センター、転作研修センター、菅公民館の使用料金が改定されますので、村民の皆さんのご理解とご協力をお願い致します。

《今までの料金区分》

 村民センター、老人福祉センターは使用時間帯の区分(午前・午後・夜間等)によって使用料金に違いがあり、転作センター、菅公民館は5時間以内○○円という料金設定でした。
 これによると1時間使用でも3時間使用でも使用料金が同じという場合もありました。

《新料金区分》

 4月からは4施設とも1時間あたり○○円と、単純にわかりやすく、使った分だけ使用料をお支払い頂くようになります。
  *注 基本的に料金の値上げではありません。

◆村民センター
区 分使用料(単位:円)備 考
一階ホール1,500 1時間あたり
実習室800   〃
休憩室200   〃
二階会議室(和)900   〃
会議室(洋)800   〃
教養室800   〃
全 館4,000   〃

◆老人福祉センター
区 分使用料(単位:円)備 考
ホール1,5001時間あたり
和室600  〃
調理室1,000  〃
ロビー500  〃
事務室500  〃
全 館3,500  〃
村内の60歳以上の方
身体障害者手帳をお持ちの方及びその介護者
無 料

◆転作研修センター
区 分使用料(単位:円)備 考
全 館1,600 1時間あたり
集会室800   〃
研修室500   〃
会議室(和室)600   〃

◆菅公民館
区 分使用料(単位:円)備 考
全 館2,000 1時間あたり
集会室1,000   〃
会議室(洋室)300   〃
会議室(和室)800   〃

(1)各施設とも暖房料は使用料金の50%分を追加でお支払いいただきます。 
 (例:冬場に村民センターホールを2時間使用 ⇒3,000円+暖房料1,500円=4,500円)

(2)入場料などを徴収、商品の展示即売宣伝等に使用する場合もそれぞれ追加でお支払
  いいただくことになります。
  1・ 村内の方が利用した場合  使用料金の50%分が加算されます。
    (例:村民センターホールを3時間使用⇒4,500円+2,250円=6,750円)
  2・ 村外の方が利用した場合  使用料金の100%分が加算されます。
    (例:村民センターホールを3時間使用⇒4,500円+4,500円=9,000円)

(3)料金をいただく使用⇒個人使用(同級会・葬儀等)、民間等の団体、営利目的等
   現在のところ、公共の会議やサークル活動等で使用する場合の料金は従来どおり必要ありません。ご予約の際にご確認下さい。

(4)料金表は各施設にも掲示してあります。
  詳しくは・・・ 役場住民福祉課(Tel 36-2001) 教育委員会事務局(Tel 36-3348)へお問合せ下さい。
 

公民館学級講座情報

寒い冬から過ごしやすい季節になり、いよいよ平成21年度公民館学級講座が下記のとおり始まります。多くの皆さんのご参加お待ちしております。

☆大人の学級

 内 容 内 容
4月開講式 自分の身は自分で守ろう!9月郊外研修
5月新緑の村内散策10月生活体力測定
6月村誌を学ぶ11月保育園児との交流会
7月村外研修予定12月しめ縄づくり交流会
8月人権教育講座103月閉講式

◎女性セミナー

 内 容 内 容
4月開講式 交流会・ゲーム8月人権教育講座
5月日本の食糧事情について9月郊外研修
6月ブリザードフラワー教室110月10月 ブリザードフラワー教室2
7月DVD鑑賞など11月閉講式

◆陶芸教室

陶芸の茶碗 5月~10月 計6回 昼の部14:00~16:00 夜の部19:00~21:00
 年会費 3,500円 小学校図工室にて

  一緒に「世界で一つだけの作品」を作りましょう!

●詳しくは今後のマナビー通信やきそむらチャンネルをご覧下さい。

木祖村誌=その他= 6月以降開催予定です。

≪ふるさと講話≫
   村の歴史文化について、木祖村誌などから学びます。
≪コンピュータ教室≫
   操作を覚えながら何かを作ろう!一石二鳥講座を予定。


 *内容等は変更になる可能性がありますのでご了承ください。
パソコン

問合せ
 連絡先 木祖村公民館事務局(Tel **36-3348)まで

 

トピックス

◆ハーモニカ同好会の皆さんありがとう!

ハーモニカ同好会
 とちのみ保育園では2月のお誕生会にハーモニカ同好会と関係者の皆さんが来園され、ステキな演奏を聴かせてくれました。
『ハーモニカ?』子どもたちにはあまり馴染みのない名前です。形も音もまったく知らない様子でした。うみ・七つの子・めだかの学校・夕焼け小焼け・ふるさとの5曲でしたが、どこかで聴いたことがあるような、そんな曲を子どもたちも静かに聴いていました。
 同好会の方は「保育園に入ったことがないので、今日は楽しみにして来ました。子どもたちは可愛いですね。家の近くであまり子どもの声が聞こえなくなってしまったけど、子どもは本当にいいねぇ。」と目を細めながら言っておられました。70歳から80歳の方々が一生懸命に演奏してくださる姿を見て感動しました。
 いつまでもお元気で毎月の練習も頑張ってください。そしてまた子ども達にハーモニカを聴かせてください。

◆町並みの雪明かり

町並みの雪あかり 2月7日(土)、「町並みの雪明り」が開催されました。
 当日は、5区から11区まで薮原地域全域で、地元の皆さんが創意工夫を凝らしながら雪像、雪灯、アイスキャンドルが作られ、千を超える光が冬の薮原宿を幻想的に照らし出しました。
 今年は、「高地焼」の復刻や、商工会主催の「雪像・アイスキャンドルコンテスト」が開かれるなど、新たな企画も登場しました。
 各地区では、お酒と手作りの料理を手に語らい、道行く人にも振る舞いながら共に雪明りを楽しむ光景が見られました。
 3回目を迎えた今年は、記録的な暖冬による雪不足に悩まされましたが、樋口開発さん、牛丸建設さんのご協力で雪を調達することができました。また、まるとさんからはアイスキャンドル200個の提供、岩原電気さんには一部の街灯を消灯などのご協力をいただきました。
 なお、本イベントは木曽地域の統一事業として、一部に県の地域発・元気づくり支援金の助成を受けて行われました。

◆角田隆幸氏より寄付をいただきました

角田隆幸氏「黄綬褒章」を受章 木祖村と交流のある、愛知県一宮市に本社を構え、平成17年から村内菅地区にもビニールハウス等を建設し、花の苗などを栽培している、「有限会社 角田ナーセリー」会長 角田隆幸氏がこの度、「黄綬褒章」を受章されました。
 これを記念し、2月22日「農業振興に役立ててください」と、金50万円と、鉢植えを寄付して下さいました。
 村からは角田氏に感謝状を贈らせていただきました。
 色とりどりの綺麗な花で飾られた鉢植えは、木祖村役場内に設置をさせていただきました。役場にお越しの際は是非ご覧下さい。 
角田さん寄贈鉢花

◆とても楽しかったね。とつぴーさん!

お話グループとっぴーさん 子育て支援センターみやのもりでは、2月25日にお話しグループ「とつぴー」さんが来所して大型紙芝居や本、手遊びなどを親子で参加しました。
 18組の親子と未満児も参加しましたが、手遊びなどで体を動かしたり、本に隠れている動物を当てたりして、40分程楽しく見る事ができました。
 また、この日は沢山の親子が持参したお弁当を囲みながらセンターで一日を過ごしました。
 来年度もセンターでは、親子で一緒に楽しめる行事を主に計画したいと思います。

◆吉田地区信号機が稼働しました

吉田信号機点灯式 国道19号線、吉田地区にこの度、新たに信号機が設置されました。
 3月3日(火)に、信号機の点灯式が行われました。
 洞門付近でもあり、交通事故等の可能性が懸念されますので、ルールを守った安全な運転や横断等を心がけましょう。 

◆木祖村少年野球 日進市中学生野球部と親善試合行う

少年野球日進市交流 去る3月7日(土)木祖村の中学生野球チーム(木祖村少年野球チーム)が日進市に出向き、日進市総合運動公園のグランドで日進市東中学校野球部と親善試合を行いました。この交流は昨年に引き続き2回目となりますが、木祖村では冬季間グランドを使用することができませんので、子どもたちは素晴らしいグランドでのびのびプレーをしていました。試合結果は2対2の引き分け(6回裏)でした。

◆木祖小学校ホームページが完成しました

木祖小ホームページクラブ 今年度も教育委員会主催による小学校放課後対策として、また児童の情報教育の一環としてパソコンクラブを開催し、素敵なホームページが完成しました。
 今回は普段食べている給食や1年生から6年生までのクラスを紹介するページも新たに
作りました。
 是非皆さんご覧下さい。 
http://www.kisosyou.com/

◆放課後児童クラブ日記◇◇

放課後児童クラブ 今年度は、教室が狭く感じるほど人数も増え、大変賑やかな一年間でした。
 各学年の人数のバランスがとれてはいませんが、縦のつながりの中で、4人の1年生は上級生から学びながらこの1年間でとてもたくましくなった感じがします。
 来年度も新しい仲間が増えますます賑やかになりそうです。

 

お知らせ


◆平成21年度国民年金保険料納付についてのご案内

 平成21年度の国民年金保険料は「14,660円」です。前納や口座振替を利用するとお得です。

○口座振替

 たとえば、当月末に口座振替すると(早割)月々50円の割引となります。また、まとめて1年分を口座振替すると、3,690円の割引です。

申し込み方法
 口座振替申出書に必要事項を記入・押印し、金融機関窓口にご提出ください。また、社会保険事務所に直接申し込むか、郵送でも手続きができます。

○前納

 たとえば、現金で一年分をまとめて支払うと3,120円の割引です。また、6ヵ月分の場合は710円の割引になります。

☆お支払い方法
 納付期限にご注意のうえ、領収日付印欄に前納と記載された納付書をご使用ください。
なお1年分、6ヵ月分以外の期間を前納していただくこともできますので、詳細は松本社会保険事務所にお問い合わせください。

 平成21年度国民年金保険料納入額表
 1ヶ月6ヵ月1年分
現金(月々)14,660円87,960円175,920円
現金支払(前納)  87,250円172,800円
割引額 710円3,120円
口座振替(前納)14,610円86,960円172,230円
割引額50円1,000円3,690円

◆特別障害給付金について

 国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金を受給していない障害者の方(対象者別記)については、福祉的措置として「特別障害給付金制度」設けられています。

○支給の対象となる方

(1)平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生
(2)昭和62年3月以前に国民年金任意加入対象であった被用者等の配偶者

のどちらかであって、当時、任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在、障害基礎年金の1級、2級相当の障害の状態にある方が対象となります。

○支給額

 障害基礎年金1級相当に該当する方は、月額5万円。
 障害基礎年金2級相当に該当する方は、月額4万円。(月額は平成20年度)

・ご本人の所得が一定の額以上であるときは、支給額の全額又は半額が停止される場合があります。
・老齢基礎年金、遺族年金、労災補償等を受給されている場合には、その受給額分を差し引いた額を支給致します。(老齢基礎年金等の額が特別障害給付金の額を上回る場合は、特別障害給付金の支給はされません)。
・経過的福祉手当を受給されている方が特別障害給付金の支給を受けると、経過的福祉手当の受給資格は喪失します。
・特別障害給付金は、認定を受けた後、請求月の翌月分から支給いたします。

○請求手続

 詳しくは以下までお問い合わせください。
◆問い合わせ
 松本社会保険事務所 Tel 0263-32-5821

◆信州に泊まろう!県民宿泊キャンペーン

 県民の皆さんに県内の宿泊施設を利用していただく「信州に泊まろう!県民宿泊キャンペーン」を実施しています。期間中、宿泊利用回数に応じて、1,000名の方に抽選で宿泊補助券や県産品をプレゼントします。
 また、宿泊施設や旅行会社において、お得な宿泊プランを用意している所もあります。
 詳しくは、長野県公式観光ウェブサイトをご覧ください。
http://www.nagano-tabi.net/

◆問い合わせ
 信州・長野県観光協会Tel 026‐234‐7219
 県庁観光振興課    Tel 026‐235‐7254

◆自衛官等募集のお知らせ

 防衛省では、以下の予定で「自衛官等」の募集を致します。詳しい内容については直接関係機関までお問い合わせください。

自衛官募集

◆問い合わせ
 自衛隊長野地方協力本部松本地域事務所・広報センター「信濃」 Tel 0263-36-2787

◆長野県内の最低賃金のお知らせ

 最低賃金制は、法律に基づき、国が賃金の最低額を決め、使用者は、その金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとされている制度です。
 長野県内の事業場で働く全ての労働者と労働者を一人でも使用している全ての使用者に適用される「長野県最低賃金」と、特定の産業に対し定められている「産業別最低賃金」が改正されました。
 この機会に、ぜひ賃金の確認をしてみてください。
 なお、対象となる賃金は、通常の労働時間・労働日に対応する賃金で、臨時に支払われる賃金、精皆勤手当、通勤手当及び家族手当などは含まれません。

○長野県最低賃金 時間額680円
○産業別最低賃金 業務によりますが、時間額742円から787円です。

 詳しくはお問合せください。

◆問い合わせ
 長野県労働局 労働基準部 賃金室 Tel 026‐223‐0555

◆県立長野図書館「インターネット予約貸出サービス」が始まりました

 平成21年3月3日(火)から、県立長野図書館の個人貸出可能な所蔵資料をインターネットで貸出申込をすることができる「インターネット予約貸出サービス」が始まりました。
 直接来館して受け取ることが難しいという方は、木祖村公民館へ取り寄せて貸出や返却することもできます。県内に在住・在勤の方であればどなたでも利用登録後にご利用いただけますので、お気軽にお申込みください。

 詳しくは県立長野図書館ホームページ 
http://www.library.pref.nagano.jp/をご覧いただくか、直接お問合せ下さい。

◆問い合わせ
 県立長野図書館資料情報課 Tel 026‐228‐4921

◆平成21年度交通事故巡回相談の開設について

 平成20年度に引き続き平成21年度も交通事故巡回相談所を開設します。
 巡回日は奇数月の第3水曜日で、いずれも午前10時から午後3時までです。

○巡回日
第1回  5月20日(水) 第2回  7月15日(水) 第3回  9月16日(水)
第4回 11月18日(水) 第5回  1月20日(水) 第6回  3月17日(水)

○会場
  いずれも木曽合同庁舎(木曽地方事務所)
○時間
  いずれも午前10時から午後3時まで

尚、諸事情により変更する 場合がありますので、事前に 地方事務所に確認尾をお願いします。

◆問い合わせ
 木曽地方事務所 地域政策課・県民生活係 Tel 0264‐25‐2213

緊急当番医
0120-890-423 へお問い合わせください。
お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344