源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の行政の中の広報の中の広報きそから広報きそ No.294

広報きそ No.294

広報きそ

平成21年5月28日

No.294

長野県木曽郡木祖村総務課
tel 0264-36-2001 fax 0264-36-3344

表紙のことば
平成20年度自治会長名簿・
新規採用職員紹介
 
平成20年度
ひまわり号実績
水の始発駅
フォーラムだより
やぶはら高原
ハーフマラソン大会
年金定期便不妊治療助成事業
インフルエンザに注意
木曽広域有料番組サービス
木曽広域0501Pフォン
税の窓口
自衛官募集案内トッピクスお知らせ
 

表紙のことば

~水がつなぎ、はぐくまれた人と人との絆

スミ設備から草刈機贈呈
写真:市民タイムス提供
  村と交流のある名古屋市南区の水道・空調設備会社、株式会社スミ設備の鷲見利幸社長らが4月22日木祖村を訪れ、「水をはぐくむ上流へ」と感謝の気持ちを表し、菅生産森林組合に5台の草刈機を寄贈されました。また村にも昨年に引き続き、ドングリ型の募金箱20個を寄付してくださいました。
同社は以前から村の森林整備等(植林や寄付)に積極的に取り組まれており、今年は取引先の贈答用としてトウモロコシ 3,000本の栽培やカエデの植樹なども村内で計画しています。
そのほかにも、村の税収増に貢献しようと名古屋市から木祖村に法人所在地を移転登記されるなど、多方面から村を支援してくださっております。 水がつなぎ、はぐくんだ、温かな人と人との結びつき(絆)を今後も更に深めていけたらと思います。

 

平成20年度自治会長名簿・新規採用職員紹介

◆平成21年度 自治会長さんの皆さんです  

 行政区自治会長名行政区自治会長名
1区田中 賢司10区の1近藤 裕
2区奥原 利明10区の2田下 美弘
3区平井 康則11区森木 弘人
4区唐澤 亀一12区永瀬 重利
5区の1原山 孝行13区永瀬 清澄
5区の2石崎 利和14区奥原 次雄
6区山崎 泰次15区深澤 新
7区藤澤 章16区東 仁
8区牛丸 尚17区西野 正
9区の1川口 勝18区清水 今朝秋
9区の2奥谷 次郎19区藤原 敬一

木祖村連合自治会長   森木 弘人
薮原支部長        奥谷 次郎
小木曽支部長       永瀬 重利
菅支部長          平井 康則
会計             永瀬 清澄
幹事             奥原 利明

◆新規採用職員と公民館長を紹介します

役場新規採用職員2名と、公民館長1名の新しい顔ぶれです。よろしくお願い致します。

各々に6つの項目について質問してみました。
1・所属  2・趣味  3・仕事について(感想)  4・抱負を教えてください 5・今年もしくはこれからやってみたいこと挑戦してみたいことは?

太田 克彦 (おおた かつひこ)

  1. 住民福祉課(保健師)/地域包括支援センター(兼務)/福祉・介護保険係(兼務)
  2. ほめられて成長すること、おせっかいやき、 車の運転、車の運転をしながら好きな歌を熱唱し号泣すること、
    カレー屋食べ歩き、ねこまんま作り 、
    バドミントン、中日ドラゴンズの応援、 映画・ビデオ・ドラマ・お笑い・その他もろもろ鑑賞、テレビゲーム、
    Jポップ、人気女優Y など すべて日常生活に基づいた事実です。
  3. 今までの自分の37年間分の経緯が、”根こそぎ”活かせるちょうどよい仕事です。
  4. ある時は“ストイックなイチロー”のように「自分に厳しく、仲間に厳しく」、
    またある時は“焼肉のあとに食べるソフトクリーム”のように「木祖村村民に甘く」をモットーに、
    木祖村全体の健康増進のために日々精進していきたいので、よろしくお願いします。
  5. いい女性を見つけ40歳までに結婚する。

荻村 朝香 (おぎむら あさか)

  1. 住民福祉課(保健師)/保健係
  2. 味しいラーメン屋や可愛らしいカフェを探すこと。(おススメのお店教えてください☆)
    テレビを見ること。(お笑い番組は必ず見ます)
    編み物 (最近は様々な種類の毛糸を使って、雑貨など作っています。 まだ、慣れないため肩こりが……)
  3. 今年度から、この木祖村で社会人としてスタートをさせて頂けたことを心より嬉しく思っております。
    何もかもが初めての環境の中で、戸惑う事も多いですが、
    村民の方々、職員の方々に優しくご指導を頂きながら日々学ぶことができ、
    ‘私は本当に恵まれた環境の中で仕事をさせて頂いているなぁ’と感謝の気持ちでいっぱいです。
    現在、私にできることは数少ないですが、今できることを精一杯やり、村民の方々のお役に立てるように頑張りたいと思います。
  4. どのようなことに対しても学ぶ姿勢を大切にし、その学びを楽しんでいきたいです。
    未熟な部分が多々あるかと思いますが、ご指導の程よろしくお願いします。 若さを武器に、頑張ります!!
  5. 前から、何か楽器を弾けたらいいなと思っていました。
    なので、いつかはピアノやギター、ウクレレ等に挑戦して趣味を増やしていきたいと思ってます!!
    (いつになるか分かりませんが…)

柳川 浩司 (やながわ こうじ)

  1. 公民館長
  2. 山・森歩き、薪割り、登山、読書(歴史小説)
  3. 人相手のこと、自然相手のこと、昼の仕事、夜の仕事ととてもいろいろな仕事があり、時間がゆっくり動いているようであり、
    4月と5月は、1ケ月の長さが2カ月分くらいに感じられ、今後、いままでの2倍充実した日々が送れそうな気がして楽しみです。
  4. 仕事を通して、今まで知らなかったたくさんの人と知り合えうれしいです。
    皆さんに仲よくしていただき、いろいろ教わりながら仕事を覚えて、早く役に立ちたいと思っています。
  5. 今まで、あたふたと過ごしてきてしまったので、趣味の登山や、最近行ってない旅行などしたいと思います。
 

平成20年度ひまわり号実績

木祖村コミュニティバス「ひまわり号」をいつもご利用いただき、ありがとうございます。 総務課より、ひまわり号に関するお知らせです。

平成20年度の運行実績について

ひまわり号の運行が始まり、3年が経過しました。
昨年度のひまわり号(平日便)は、前年度を若干上回る1万7千人余の方にご利用いただきました。
高校生の定期券購入者が増えたことが利用者増につながりました。
冬季休日便(スキー場方面)も 村外からのJR利用客に少しずつ浸透していることもあり、利用が増えています。

 

総利用者数(平日)

うち定期券利用者数

冬季休日便

H20年度

17,120人

7,621人

904人

H19年度

16,742人

6,049人

746人

夏季休日便の試験運行について

以前より要望のあった休日運行について、5月より試験運行を始めました。
5月から9月までの土・日・休日(全51日間)、薮原駅を起点として1日5回村内を循環します。
高校の部活動や村外のお出かけに便利です。
また、水木沢には1日3回、こだまの森には1日4回停車します。
森林浴やハイキング、こだまの森でのバーベキューなど、ご家族やグループでのレジャーにご利用ください。
運賃は、水木沢で乗り降りされる場合は1乗車500円、その他のバス停で降りる場合は1乗車100円です。
なお、高校生定期券は、水木沢で乗り降りする場合を除き利用できます。
今回は試験運行でありますが、利用状況により期間延長等も検討してまいります。
ぜひとも皆様のご利用をお願い申し上げます。

薮原駅発

経由地

薮原駅着

6:25

菅~スキー場~細島~小木曽

7:15

8:25

菅~スキー場~細島~小木曽

9:15

9:25

菅~スキー場~こだまの森~細島~水木沢(終着)

11:30

小木曽~細島~水木沢~こだまの森~スキー場~菅

12:52

14:15

小木曽~細島~水木沢~こだまの森~スキー場~菅

15:40

16:55

小木曽~細島~こだまの森~スキー場~菅

17:52

☆各便の詳しい時刻は、各戸配布された時刻表をご覧いただくか、役場総務課までお問い合わせください。

「暮らしをささえるバス・電車 地域がはぐくむ公共交通」 (長野県公共交通利用促進統一キャッチフレーズより)
地域の共通財産として、私たちが安心して暮らすための社会基盤として、 みんなで公共交通を利用しましょう。

問い合わせ:総務課(担当:大島) TEL 0264-36-2001

 

木曽川・水の始発駅フォーラムだより第13号

★木曽川・水の始発駅フォーラムホームページ → http://www.kiso-msf.com/ 事務局:木祖村役場産業振興課内

第7回 木曽川・水の始発駅フォーラムを開催しました。

4月11日(土)午後1時30分から、木祖村民センターで、60名の参加のもと、第7回 “木曽川・水の始発駅フォーラム”を開催しました。事務局より、今回見直しを行なった組織体制等の見直しについての説明や、各プロジェクトリーダーからの前年度の活動と今年度の活動計画の発表がありました。
また、今回は、村内で活動している団体や個人からの活動の発表を行なっていただきました。

水の始発駅フォーラム

1.組織体制等の見直し

発足後6年を経過していることと、来年度からのNPO法人化を目指した体制とするため、見直しを行ないました。
(1) プロジェクトの見直し
・4つのプロジェクトを3つに再編 (右図参照)
・会員はプロジェクトに属することとせず、プロジェクトの活動に応 じて参画することとする。 
(2) 専任の事務局員を配置
(3) 活動団体・個人との情報交換・連携
※新・遊木民プロジェクトは、旧・遊木民プロジェクトが発展的に解消し、体験・学びプロジェクトを吸収する形で再編。

組織体制等の見直し

2.村内で活動している次の7つの団体・個人から活動の発表 (敬称略)

  1. 菅古道の復活と農業  小林 栄次郎
  2. ひまわり号に乗って再発見の旅  武重 慧
  3. モミジの里づくり  高木 勇
  4. “健光菜々”の紹介  永島 美也子
  5. 源流の里 私のお気に入りスポット  翁像 秀雄
  6. ”水木沢天然林・床並の滝”の紹介  清水 勝
  7. Change  Yes, We can  北條 勝彦

◆平成21年度 木曽川・水の始発駅フォーラム活動計画

 平成21年度の各プロジェクトおよび事務局の活動計画は、次のとおりです。
今年度は、前述のとおり、プロジェクトの活動に応じて参画していただくこととしておりますので、 活動計画をご覧の上、積極的なご協力をお願いします。
また、会員のみならず、多くの方々の参画をお願いします。
なお、計画表に記載されている他にも、行事等を実施する場合があります。
詳細は、その都度、隣組回覧等にてお知らせします。

1.遊木民(ゆうぼくみん)プロジェクト

((旧)遊木民P.を発展的に解消し、体験・学びP.を吸収して、(新)遊木民P.として再編)

月/日

テ ー マ

場 所

 5/24(日)

水木沢で楽しもう

水木沢

 6/13(土)

村民カヌーの会

味噌川ダム

 7/23(木)

星と蛍を見る会

味噌川ダム、小木曽

 9/6(日)

鉢盛山登山

鉢盛山

10/11(日)

糸のこフェスティバル

こだまの森

11月初旬

菅古道で楽しもう

菅 野中沢

11/15(日)

南知多町みかん狩りツアー

南知多町

12月

星を見る会

味噌噌川ダム

 1/1日(祝)

元旦 鳥居峠散策

鳥居峠

 1月下旬

スノーシューを体験しよう

床並沢~水木沢

 2月

かんじき作り

スキー場

 3月

スノーシューを体験しよう

大笹沢山

※ カヌー体験はワンダリングクラブ主催で継続実施します。

2.四季の彩(いろどり)プロジェクト

月/日

内    容

3/28(土)~
29(日)終了

ゴミ拾い、ボヤ・ヨシの焼き払い、
ゴミの焼却

 4/26(日)
雨のため中止

ゴミ拾い、ボサ等の焼却、ビオ
トープ整備 ※ ゴミゼロ実施後

 5/20(水)

草刈り、ニセアカシアの始末

6/20(日)

カジカガエルのコーラス祭り
(仮称:川の駅祭り)

 7月

草刈り、ニセアカシアの始末

 8月

草刈り

10月

草刈り、ボサ刈り

3.食の塩梅プロジェクト

月/日

内 容

4/11(土)
終了 

水の始発駅フォーラム

8/1(土)

木曽川源流夏祭り
そばの実かりんとう他 販売

8/7(金)
~9(日)

サマーキャンプ
in KISOGAWA

9月下旬

名古屋市 食フェスタ
そばの実かりんとう 販売

11/8(日)

にっしん産業まつり
そばの実かりんとう 販売

4.事務局

  1. 広報活動 (村報、HP 他)
  2. 補助金、アドバイザ-等の研究・申請
  3. 外部団体等との連携(ネットワーク)
  4. 案内人ライセンス制度の検討
  5. 山村ビジネスの検討・資源発掘調査
  6. NPO化準備
河川環境整備

◆四季の彩プロジェクト 活動報告

3月29日に、今シーズン第1回目の河川環境整備を行ないました。今回は、ボヤ・ヨシの焼き払いやゴミ拾いを中心に行ない、すっきりとした景観になりました。 5月以降も引き続き実施していきますので、ご協力をお願いします。

◆木曽川・水の始発駅フォーラムでは会員を募集しています。

木曽川・水の始発駅フォーラムは、自立の村づくりを住民の皆さんが自らの知恵を出し、自ら行動に結び付けてゆく取組みをしている団体です。
皆さんも会員になっていっしょに活動しませんか!!
参加を希望される方は事務局(役場 産業振興課内)まで連絡ください。
担当:湯川喜義 (電話:36-2001・FAX:36-3344)

 

やぶはら高原ハーフマラソン大会&イベント情報

  • 今年で23回目となるやぶはら高原ハーフマラソン大会が7月19日(日)にこだまの森を主会場に開催されます。
    ただいま、出場参加者募集中です。
  • 参加申込は振替用紙でのエントリーが6月1日(月)まで・インターネット(http://rannet.jp)での申込みが6月15日(月)までです。
    大会要項は役場産業振興課にあります。
  • なお、村内の小中学生は無料で参加できます。別途、学校を通じてお知らせのとおりのお申込みとなります。

第23回やぶはら高原ハーフマラソン大会概要

  • 期日: 平成21年7月19日(日)※雨天決行
  • 会場: こだまの森
  • コース: ハーフ/こだまの森~奥木曽湖一周~こだまの森
  • 受付: 前日7月18日(土)14時00分~18時00分、当日7月19日(日) 6時30分~ 8時30分
  • スタート: ハーフ 9時00分/10km 9時00分/5km 9時15分
  • 種  目(22種目)
    5km:(男女別)小学生・中学生・高校生~39歳・40歳~59歳・60歳以上
    10km:(男 子)高校生~39歳・40歳代・50歳代・60歳以上、(女 子)高校生~39歳・40歳以上
    ハーフ:(男 子)高校生~29歳・30歳代・40歳代・50歳代・60歳以上、(女 子)高校生~39歳・40歳以上
  • 制限時間:12時00分をもって競技を終了します。(ハーフは14km地点2時間)
  • 参 加 費:大人3,000円/小・中・高校生1,500円(村内の小中学生は無料です。)

◆大会ボランティアスタッフも募集中です。

  • このやぶはら高原ハーフマラソン大会は村の一番大きなイベントです。
  • 毎年、関係団体の皆さんをはじめ多くの方々に大会スタッフとしてお手伝いいただいておりますが、大会運営を充実したものにするためにボランティアスタッフを募集しています。

出場を希望される方また、ボランティアスタッフとしてお手伝いいただける方、その他詳細につきましては、やぶはら高原イベント実行委員会事務局(役場産業振興課内)までご連絡ください。

連絡先:やぶはら高原イベント実行委員会事務局(役場産業振興課)担当:小林・水本

電 話:36-2766 FAX:36-3344 E-mail:yabuhara-event@kisomura.com

平成21年度の主なイベント予定

○自転車2 days race in 木祖村   5月23日(土)~24日(日)
○全日本学生選手権個人ロードレース大会  5月30日(土)~31日(日)
○第23回いわな釣り大会   6月6日(土)
○第23回ハーフマラソン大会  7月19日(日)《マラソン前日受付・前夜祭7月18日(土)》
○源流夏祭り  8月1日(土)
○サマーキャンプ in KISOGAWA  8月7日(金)~9日(日)
○鉢盛山登山  9月6日(日)
○健康福祉のつどい 10月3日(土)
○第4回糸ノコおもちゃフェスティバル  10月11日(日)
○第23回日曜画家中部日本大会  10月17日(土)~10月25日(日)  出品申込予約期限 9月3日(木)まで

 

ねんきん定期便の送付が始まっています

社会保険庁では、平成21年4月より、国民年金・厚生年金の現役加入者の皆さんに「ねんきん定期便」を毎年誕生月にお送りします。

◆「ねんきん定期便」では

  • これまでの加入期間と年金加入履歴
  • 加入実績に応じた年金見込額
  • これまでの年金保険料の納付額
  • 月ごとの年金保険料の納付状況   ・・・などをお知らせします。

◆年金に関するお問い合わせ先

 ねんきん定期便に関する相談は「年金定期便専用ダイヤル」、一般的な年金相談に関しては「ねんきんダイヤル」をご利用ください。社会保険事務所でも相談いただけます。また、国民年金については、役場の窓口でもご相談いただけます。

ねんきん定期便に関して

  • 「ねんきん定期便専用ダイヤル」
    受付時間:月~金 午前9時~午後8時
    第2土曜日 午前9時~午後5時
    0570-058-555(ナビダイヤル)
    IP電話・PHSからは03-6700-1144
  • 長野社会保険労務士会でも無料相談を受け付けしています。
    詳しくは長野社会保険事務局HPまで(
    http://www.sia.go,jp~nagano/

一般的な年金相談に関して

  • 「ねんきんダイヤル」
    受付時間:月~金曜日  午前8時30分~午後5時15分 (月曜日は午後7時まで延長)
    第2土曜日  午前9時30分~午後4時
    0570-05-1165(ナビダイヤル)
    IP電話・PHSからは03-6700-1165

 

村では不妊治療助成事業を行っています

 村では、不妊治療を行っている方の経済的負担軽減や少子化対策の一貫として、下記のように不妊治療に要する医療費の一部を助成しています。
対象となる方は、役場保健師にご相談いただき助成の手続きをしてください。

◆【助成を受けることができる方】

1)夫婦の双方または一方が木祖村に1年以上居住し、かつ双方が現に木祖村に住所を有している方。
2)夫婦間に第1子がなく、申請年度内に医療機関で適切な不妊治療を受けている方。
3)村税及び木祖村に納付すべき公共料金の滞納がない方。

◆【対象医療費】

医療機関において不妊治療を受けるために要する費用が対象です。

◆【助成金の額】

上記対象医療費の総額に2分の1乗じた額とし、30万円を限度とします。ただし、長野県が行う不妊治療助成事業で助成された額や医療保険者から給付を受けた場合は、その額を引いた額とします。

◆【助成金の交付方法】

1)助成金の交付を受けようとする方は、助成金交付申請書・医師の証明書・医療費の領収書を添えて役場へご提出いただきます。
2)役場で審査の上、交付決定をします。
3)助成金の交付は、同一の夫婦に1年度につき1回とし原則3年度の期間とします。
新たな治療法が確立されたり、大きな治療効果が見込まれる場合はその後1年度に限り助成を受けることができます。

◆【お問い合わせ先】

◇ご不明な点は、役場 住民福祉課 保健係  保健師電話 36-2001へお気軽に ご相談ください。

 

新たなインフルエンザ発生に備えましょう

◆新型インフルエンザとは?

「新型インフルエンザ」は、鳥などから人に感染したインフルエンザウイルスが、人から人に感染しやすいように変異した新しい型のウイルスによって引き起こされます。今回流行したものは豚インフルエンザが新型に変異したものです。今回の豚インフルエンザが終息しても、さらに今後鳥インフルエンザが新型に変異する可能性があります。
人は新たなウイルスに対する免疫を持っていません。今後さらなる発生に備えておくことが必要です。

◆想定される感染経路

飛沫(ひまつ)感染

感染者の咳やくしゃみの中に含まれるウイルスを吸い込むことで感染

接触感染

ドアノブや手すりなどを介してウイルスのついた手で目・鼻・口に触れることで感染

※この他に、医療現場や密閉空間などの極めて限定した場では「空気感染」も想定されています。

◆新型インフルエンザにかからないためには?(予防方法)

まずは、通常のインフルエンザ、風邪などの予防方法を習慣づけることが大切です。

マスクを着用しましょう

  • 咳やくしゃみの飛沫を吸い込んだり、ウイルスの付いた手が鼻・口に触れるのを防ぎます。
  • 周囲の人にうつさないためにも重要です 

こまめに手洗い・うがいをしましょう

  • 石けんをよく泡立てて、手首、手のひら、手の甲、指の間、爪の間まで念入りに洗いましょう。

不要不急の外出は控えましょう

  • 新型インフルエンザは人と人とが接触することにより感染が拡大します。人との接触を避けるため、不要不急の外出は控えましょう。

咳・くしゃみをする時はマスクをするかハンカチ・ティッシュで口と鼻をおさえ飛び散らないようにしましょう

◆個人や家庭で今から準備できることは?

  • 感染を防ぐためには、不要不急の外出をしないようにすることが重要です。このため、発生前の今から、流行のピーク時に外出しなくてもよいだけの最低限(2週間程度)の食料品・日用品等の備蓄をしておきましょう。
  • 日頃から手洗い、うがいなどの感染予防策を身につけ、まずは通常のインフルエンザ予防を習慣づけましょう。
  • 家庭や職場で、大流行になったときの対応を相談しておきましょう。

◆新型インフルエンザが発生したら?

国、県、市町村の提供する確実な情報等をもとに、新型インフルエンザに対する正しい知識を得て、慎重に行動し、外出自粛など自らできる感染予防につとめましょう。

  • 感染予防方法(手洗い、うがいなど)を普段以上にしっかり行いましょう。
  • 人と人との接触をできるだけ少なくするため、極力外出をしないでください。やむを得ない場合は マスクを着用するようにしてください。
  • 「感染したかも?」と思ったら・・・
    事前連絡なく医療機関を受診すると、待合室で感染を拡げてしまうおそれあります。
    まずは、保健福祉事務所が発生時に新たに開設する「受診案内・発熱電話相談」へお電話ください。

 

木曽広域有料番組サービスのご案内

ダウンロード pdf


 

木曽広域0501Pフォンサービスのお知らせ

ダウンロードpdf


 

税の窓口

平成21年度の個人住民税が、6月1日で確定します。

本年度も昨年同様課税所得金額の10%(村6%、県4%)が課税されます。納入の方法は、年間収入のあり方によって違いますが、通常サラリーマンは毎月給与から天引きされます。これに対し、自営業や5月までに会社等を退職された方等は、6月から翌年1月まで4回に分けて納入することとなります。

21年10月分の公的年金支払分から住民税の引き落とし(天引き)が始まります。

この制度の導入は、納税の方法を変更するものであり、新たな税負担が生じるものではありません。
また、6月、8月に関しては、今までどおり普通徴収で納付となります。
公的年金以外に給与所得や事業所得など他の所得がある場合、これらに係る住民税額は別に納付することとなります。詳細は、各戸配布しますチラシをご参照願います

※住民税の年金からの引き落とし制度へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

納期限について

木祖村で納税していただく税金には、それぞれ納期限が定められています。納期限が過ぎて20日を経過すると督促通知が発送され100円の手数料が賦課されます。
この村税の督促料は郵送料などの経費に充てられます。税金は各種行政サービス実施上極めて大切な資金源であり、応益上公平な税負担をお願いしておりますので、ご理解とご協力をお願い致します。


各 種 税 の 納 期 限

納期

個人住民税

固定資産税

国保税

軽自動車税

1期

平成21年6月30日

平成21年6月1日

毎月月末
年12回

平成21年6月1日

2期

平成21年8月31日

平成21年7月31日

3期

平成21年11月2日

平成21年12月25日

4期

平成22年2月1日

平成22年3月1日

ご不明な点がありましたら役場総務課税務係(TEL36-2001)までお問合わせ下さい。
自動車税も6月1日期限となっておりますのでお願いします。
自動車税のお問い合わせは県総務部税務課まで(TEL026-235-7051)


 

自衛官等募集案内

ダウンロードpdf


 

トピックス

平成21年度 地域発・元気づくり支援金が内定しました

県の補助金(平成21年度地域発・元気づくり支援金が4月末に内定しました。この支援金は県が活力あふれる輝く長野県づくりを進めるため、市町村や公共的団体が住民とともに、自らの知恵と工夫により自主的、主体的に取り組む地域の元気を生み出す事業に対して支援金を交付するものです。木祖村からは村申請1事業、公共的団体(4団体)6事業の合計7事業を申請しました。

「自分たちの地域の安全を自分たちで守ろうプロジェクト」(村申請)

  • 各地区や家庭での防災意識の向上を図るため、非常持出袋を配布して、各家庭で必要部品を検討してもらうとともに、各地区に配布する炊き出し用の備品を活用した防災訓練を行う。
  • 常持出袋、炊き出し器、手動浄水器、保存食等購入

平成の名水百選水木沢天然林PR事業(木祖村自然同好会申請)

  • 平成の名水百選に選定された水木沢天然林の魅力を幅広くPRするため、写真展の開催及びDVDの作成を行う。
  • ホームページ構築管理費、DVD作成委託費、写真展開催経費等

地域循環型処理プロジェクト(菅・吉田地域自治協議会申請)

  • 家庭生ゴミを堆肥化して住民の畑や花壇で利用することにより環境負荷を軽減するため、地域住民の協働作業により生ゴミ処理器を作成し、集落ごとに設置する。
  • ゴミ処理器原材料、環境微生物菌購入、技術指導料

菅古道復元と稜線ルート整備事業 (きさらぎの里を守る会申請)

  • 森林・里山・古道を歩く楽しみを観光客と地元住民が共有し、村の新たな観光資源として活用するため、「菅古道」を中心としたウォーキングコースを整備し、ルートの設定、PR等を行う。
  • パンフレット製作、古道整備機材使用料、燃料費等
  • 標柱・案内板設置

「菅古道の炭焼き」復活と地産地消特産品(白炭)開発 (きさらぎの里を守る会申請)

  • 鳥獣被害対策の一環として里山を整備するとともに、高齢者と若者の交流や地域の結びつきの強化を図るため、住民協働により炭焼窯を製作し、間伐材を利用した炭の試験生産を行う。
  • 炭焼窯原材料、重機使用料、間伐用チェンソー使用料等

きさらぎブランド創生プロジェクト (きさらぎの里を守る会申請)

  • 「きさらぎの里」にふさわしい地元特産品の周知とブランド化を進めるため、地域住民と都会からの援農者の協働により、遊休荒廃地を整備するとともに、農作物の試作等を行う。
  • 廃地整備機材使用料、燃料費、種苗、育苗用資材等

木曽川源流の里「花咲く村づくり」事業(花咲く村づくりの会申請)

  • 「源流の里」にふさわしい景観づくりを進めるとともにボランティア活動の拡大を促進するため、花苗の育成、花壇の整備及び「花づくりマニュアル」の製作を行う。
  • 種子、肥料購入、印刷製本費

 

お知らせ

福祉医療費受給者の方へ

支給申請について

福祉医療費は通常、県内の医療機関の受診時に、受給者証の提示があれば自動的に給付されます。しかし、県外の医療機関を受診した、受給者証の提示をし忘れた、などの場合、福祉医療費の支給が自動でされません。その場合は、直接役場に申請することで、福祉医療費の給付が受けられます。(医療保険が適用されるものに限ります)
・申請について
役場の住民福祉課の窓口で申請ができます。
領収書(診療点数の分かるもの)、受給者証、保険証、印鑑をお持ちの上、おこしください。

療養費払いについての給付

一旦は全額負担したが、後に医療保険の給付を受けたもの(医師が必要と認めた、補装具や鍼きゅう、マッサージなど)も福祉医療費の支給の対象となります。申請して認められれば支給されますので、くわしくは役場住民福祉課までお問い合わせください。

変更事項があったら

振込口座や医療保険、住所等に変更があった場合は、届出をお願いします。

受給者証の一斉更新

現在お使いの受給者証は七月末日で有効期限が切れます。(乳幼児、児童・生徒を除く)
受給者証の更新について、七月中に通知でお知らせしますので、通知が届きましたら更新の手続きをお願い致します。


国民年金 学生納付特例の申請はお早めに!

 二十歳になると、学生の方も国民年金に加入して保険料を納める必要があります。しかし、学生の方は一般的に所得がなく、保険料を納めることが困難ですので、学生本人の所得が一定額以下の場合は、在学期間中の保険料納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。

対象となる学生

学校教育法に規定する大学
(大学院)短期大学、高等学校、高等専門学校及び各種学校(修業年限一年以上ある課程に在学する方で、夜間・定時制・通信制課程も含みます。

承認をうけると…

学生納付特例の承認を受けた期間は、年金を受給するための必要年数(二十五年以上)に含まれます。また、未納の扱いにはなりませんので、病気やケガを負ってしまったとき、障害基礎年金等が受給でき、安心です。ただし、老齢基礎年金の額には算入されません。

承認期間 

四月から翌三月までとなりますので、毎年申請が必要です。

保険料の追納 

承認された期間の保険料は十年以内であれば後から納めることができます。老齢基礎年金を満額受給するために、卒業後は追納することをおすすめします。

手続き 

役場の窓口で手続きできます。学生証の写し又は在学証明書・印鑑が必要です。

前年度に学生納付特例の承認を受けた方は

前年度に学生納付特例の承認を受けられた方には、はがき形式の学生納付特例申請書をお送りしています。(ターンアラウンド方式)学生納付特例の申請が簡素化しています。

◆問合わせ

木祖村役場 住民福祉課 TEL0264-36-2001  又は、松本社会保険事務所 TEL0263‐32-5821


木祖村ポイ捨て禁止条例施行一年

木祖村ポイ捨て禁止条例が施行されてから一年が過ぎました。この条例は、木曽川の源流である木祖村の環境を保全する為、ごみのポイ捨てを防止する事を目的としており、同様の条例は木曽郡の他町村でも施行されております。ごみのポイ捨てをした者は、五万円以下の過料に処せられます。タバコの吸殻や空き缶等の不法投棄の他にも、動物の遺棄や落書き、飼い犬のフンの放置といった行為も過料の対象ですので、そのような者を見かけたら、役場か警察に連絡をお願いします。

◆問合わせ

木祖村役場 住民福祉課 TEL0264-36-2001


取引証明等に使用する「はかり」をお持ちの皆さんへ

商品の売買に使用したり、農産物や食品をパック詰めしたり、学校等における体重を測定する「はかり」は、二年に一回の定期検査を受ける必要があります。

「取引」とは

商品の売買、農家の出荷(米・きのこ類・アスパラ等の野菜・果実)、運送・保管及びその他の業務上の計量

「証明」とは

医院・官公庁・学校・保育園の体重測定等公的な計量並びに医薬品の調剤等の計量

 今年度は木祖村を対象として、定期検査が次の日程で実施されますので「はかり」(おもり・分銅があればそれも)を持参し必ず検査を受けて下さい。
尚、検査には手数料(検査代金)が必要になりますので、お含みおき下さい。

日時

平成21年6月18日(木) 午前10時~正午

場所

木祖村コミュニティ消防センター車庫(役場横)

問い合わせ

役場産業振興課 担当:水本崇徳 TEL0264-36-2001
長野県計量検定所検定検査課 TEL0263-47-4006


サマージャンボ宝くじが発売されます!

7月13日(月)~7月31日(金)の間、サマージャンボジャンボ宝くじが発売されます。
昨年度に引き続き、1等と前後賞合わせて3億円、2等も1億円となっており、4等から6等は当たり実感のある少額賞金の充実が図られております。

賞金

1等…2億円×39本
前後賞各…5,000万円
2等…1億円×39本
3等…1,000万円×390本
4等…10万円×39,000本
5等…1万円×390,000本
6等…1,000円×3,900,000本
○この宝くじの収益金は市町村の明るく住みよいまちづくりの資金として貸付けや、市町村の財政運営の一助とするため「基金交付金」として会費の一部を市町村に交付するなどして使用されています。
○この宝くじは通信販売で買うこともできます。

抽選日

平成21年8月11日(火)

昨年のサマージャンボ宝くじ

(第544回全国自治宝くじ)の時効(平成21年8月17日(月))が迫っておりますのでお忘れなく。

問い合わせ

(財)長野県市町村振興協会  TEL026-234-3611


コートハウス(裁判所) 見学ツアー開催のお知らせ

 長野地方裁判所では、本年5月21日から始まる裁判員制度の円滑な実施に向けて、裁判員制度の説明会を「コートハウス(裁判所)見学ツアー」と題して実施いたします。参加をご希望される方は、各庁のお問合せ先までご連絡ください。

最寄会場

【長野地方裁判所松本支部】 長野地方裁判所松本支部(松本市丸の内10‐35)

日時

4月23日(木)、6月25日(木)、7月23日(木)   (各日とも15時から16に30分まで)

内容

刑事裁判の傍聴、裁判員制度の説明、法廷見学など

問い合わせ

長野地方裁判所松本支部刑事係 TEL0263-32-3090


自動車事故被害者援護業務 のお知らせについて

 独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)《国土交通省が所管する独立行政法人》では、交通事故による被害者の保護のために、国道交通省との連携の下、これら被害者の経済的及び精神的な支援を以下のとおり行っています。

介護料の支給

自動車事故が原因で「脳」・「脊髄」又は「胸腹部臓器」を損傷し、十度の後遺障害を持つため、日常生活動作について「常時」又は「随時」の介護が必要な状態の方に対し介護料の支給を行う制度があります。

育英資金貸付

自動車事故により死亡又は重度の後遺障害が残った方のお子様(中学校卒業まで)の健全な育成が図られるよう、経済的な手助けを行うため「育英資金の無利子貸付」があります。

交通事故被害者相談

交通事故の被害に遭われ、法律、金銭、介護など、自動車事故に  起因する悩みごとについて、どこに相談すればよいかお困りの皆様に対して、各種相談窓口をご紹介しています。
詳しくは、直接関係機関までお問合せ下さい。

問い合わせ

NASVA交通事故被害者ホットライン  TEL0570-000738
独立行政法人自動車事故対策機構長野支所  TEL026-226-1000  http://www.nasva.go.jp/


緊急当番医
0120-890-423 へお問い合わせください。

お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344