源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文(繁体)中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の産業・観光の中の商工業の中の商工業振興対策から木祖村木造住宅新築等補助金

木祖村木造住宅新築等補助金

木造住宅新築等に係る費用を補助します。

 木祖村では木造住宅の普及促進、木材産業及び建築関連業種の振興を図り定住人口の増加と地域の活性化に資するため、工事に必要な住宅資金(新築又は増改築資金、購入資金)に対し補助します。

※「木造住宅」とは、構造耐力上主要な部分である土台、柱、壁、小屋組、横架材等に木材を用いる住宅をいい、台所、便所、浴室及び居室を有し、利用上の独立性を有するものをいい、専ら居住の用に供する住宅(併用住宅で延べ床面積の2分の1以上を住宅の用に供しているものを含む。)をいう。


※「増改築」とは、既存の建築物に建て増しを行ない、床面積を増やす工事若しくは建築物の全部若しくは一部を除去し、又はこれらの部分が災害等によって滅失した後引き続きこれと用途、規模、構造の著しく異ならない建築物を建てることをいう。


補助対象者

 以下の要件を満たす当該対象住宅の所有者のうち1人で、郡内事業者が施工する場合で、かつ、新築については村内下請納入業者が6者(事業主が村内事業者の場合5者)以上の者で施工した場合、増改築については村内下請納入業者が4者(事業主が村内事業者の場合3者)以上の者で施工した場合となります。

 ○木祖村の区域内に木造住宅により新築又は増改築を行なう者
 ○この要件を満たした建売新築住宅を購入する者

補助金の額

 工事部分延べ床面積3.3平方メートル当たり1万円とし、70万円を限度とする。(3.3平方メートル未満は、切捨て)

補助金の支給要件

 次に定めるところによる支給要件をすべて満たした者に交付するものとする。

○住宅工事部分が、延べ床面積280平方メートル以下であること
 ○店舗併用住宅の場合2分の1以上が住宅であること
○以前に当該補助金の支給を受けていないこと
○木祖村長の審査及び建物審査会の現場審査を受け、当要綱の基準を満たした木造住宅と認められたもの
○施工業者が建売として住宅を建築する場合の対象は新築のみとする
○助成対象者及び同一世帯の者全員が村税等村へ支払うべき分担金、使用料等に滞納がない者
○木祖村と係争中でない者
○建築基準法のうち指定した審査要件に適合した住宅であること

申請方法

 交付要綱に沿って、住宅建築着工前に木造住宅新築等補助金交付(変更)申請書(様式第1号)に以下の添付書類を添えて商工観光課に提出し、村の審査及び建物審査会の現場審査を受けてください。

○建築工事届の写し又はそれに代わる書類
○設計図書
○木造住宅建物審査申請書(様式第2号)
○審査表(様式第3号)
○建築前の全景写真
○村税及び村へ支払うべき分担金、使用料等の滞納状況の調査を認める同意書
○貸担保保険の証書の写し(新築の場合)
○その他村長が必要と認める書類
○施工業者が建売住宅を建築する場合は、建売住宅補助金申請書(様式第7号)を提出してください。

完了届を受理した後、書類の審査及び現地調査を行ない、木造住宅新築等補助金交付決定(不交付)通知書を当該申請者に通知します。

補助金の交付決定後、木造住宅新築等補助金交付請求書(様式第6号)による補助対象者の請求に基づき補助金を交付します。

この補助金は平成2941日以後に着工した住宅で、平成31331日までに工事完了する住宅等に限ります。

詳細は、役場担当職員の説明に従って手続きをお願いします。

お申し込み・お問い合わせ先

木祖村役場 商工観光課商工担当
TEL 0264-36-2001

 

お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344