源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気木祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中のライフステージ(くらしの便利帳)の中の分類一覧の中の産業・観光の中の交流の中の木曽川上下流交流から水源地域としての取り組み

水源地域としての取り組み

1)水木沢郷土の森設定

水木沢天然林は、木曽川の源流水木沢源流に広がる天然林の保護管理を目的として、木祖村と長野営林局との間において、平成3年1月8日に長野営林局と保存協定を締結し「郷土の森」に設定した。

この水木沢流域には、木曽谷の代表的な樹種である木曽檜、サワラ、ネズコ、ブナ、トチノキ、サワグルミ等が大半を占め、これに亜高山性のウラジロモミ、コメツガ等が混交する針・広葉樹の中大径木林で、木祖村に残された数少ない貴重な森林資源である。林内の98%が推定200年以上の天然林で、人工林は僅かに入り口付近のヒノキ人工林1.45haだけである。中でも圧巻は胸高周囲6.7mの大サワラである。

水木沢地籍の地質は大部分が白亜系の花崗岩からなっている。傾斜は沢筋にはわずかに緩傾斜地も見られるが、沢から尾根まで山足が短いこともあって全体的に25度から30度前後の個所が多い。

 長野県木曽郡木祖村大字小木曽 小木曽国有林
 面積81.52ha
 標高1,025m~1,600m
 協定期間平成3年1月8日から平成33年1月7日


この地域は、すでに自然観察教育林として指定されていたが、自然探勝、森林浴等多目的な利活用を目指した。

水木沢

この「郷土の森」制度は、平成元年に保護林制度の見直しとして発足して、地元自治体の強い要請による分収林制度の一環であり、木曽郡内では初めてであり、長野県内でも数例しかない。 小中学生の森林教室、体験林業、森林学習をはじめ森林浴、自然探勝等多目的な利活用が期待されている。遊歩道、案内板、樹名板、東屋、水洗トイレ、駐車場、親水公園整備が行われ総事業費3億6千6百万円を投した。

2)水道水源保全地区指定 塩沢水道水源保全地区

水環境の保全については、水が限られた貴重な資源であるという観点から、重要課題として位置付けている。水道水源を保全するために塩沢川の上流191.2haを長野県の水道水源保全地区の指定を受け、地区内で行う行為に対しては事前協議の義務づけ、水源汚染のチェックを行う。

指定平成7年9月21日
給水人口1,650人


3)景観形成住民協定(きさらぎの里)

  • 平成11年5月31日締結

  • 景観や環境保全を目的に木曽川支流の菅川沿い150 ha 住民122人協定

4)森林保全整備重点地域

  • 長野県ふるさとの森林づくり条例に基づく指定
    指定 平成17年10月17日 5,500ha

  • 山間地の災害防災や水源慣用の機能が優れており、整備や保全が必要な地域を知事が指定

5)森林ボランティアの積極的な受け入れ

平成9年より下流域の市民団体、労働組合関係者等が木祖村を訪れ、植林、間伐、枝打ち作業など、森林の現状について学ぶグリーン・スクール事業や、一般市民を募って水源林の育成に協力する森造り協力事業等を実施しています。

グリーン・スクール事業平成16年7月14日実施愛知高校の生徒38名が参加
森造り協力事業平成16年9月25日実施下流域市民34名が参加
森造り協力事業平成17年5月28日実施下流域市民40名が参加
森造り協力事業平成17年10月1日実施南知多町漁業関係者40名が参加


6)桜一万本運動

ダム建設をきっかけに、村内を桜を植樹しようとの運動が展開された。すでに植樹がすみ、村内のボランティアの協力により下草刈り等を実施している。

7)河川美化活動

全村あげての河川環境保全のための美化活動として「見直そう源流 わが村」を合い言葉に、住民によるゴミ拾いや景観整備などの河川敷の保全に取組んでいる。

     
景観整備



お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344