源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中の木曽のお六櫛の中のお六櫛の伝統技法
木曽のお六櫛
お六櫛とはお六櫛とは
お六櫛の種類と形お六櫛の種類とかたち
梳き櫛梳き櫛
解かし櫛解かし櫛
挿櫛挿櫛
結櫛結櫛
櫛づくりの道具櫛づくりの道具
基本的な道具基本的な道具
削る道具削る道具
歯挽き道具 歯挽き道具
磨く道具磨く道具
お六櫛の伝統技法お六櫛の伝統技法
お六櫛の材料お六櫛の材料
櫛作りの工程櫛作りの工程
木祖村郷土館木祖村郷土館
木祖村郷土館サイトマップ

手挽きお六櫛の技法

工程額
 現在の「お六櫛」は長さ三寸二分、幅一寸八分。平均して片側におよそ100本もの歯を挽かれていますが、中には143本もの歯が挽きこまれた逸品もあります。
 お六櫛ができるまでには、大きく「櫛木の準備」「櫛木削り」「櫛の歯作り」「櫛の仕上げ」の四区分に分かれ、およそ15の工程からなっていました。
 問屋制度がなくなった現在では「櫛の磨きと総仕上げ」の段階まで櫛職人が行うようになったため、これらを合わせると職人はおよそ20工程で一枚のお六櫛を完成させることになります。
伝統職人
お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344