源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中の木曽のお六櫛の中の櫛作りの道具から櫛を磨く道具
木曽のお六櫛
お六櫛とはお六櫛とは
お六櫛の種類と形お六櫛の種類とかたち
梳き櫛梳き櫛
解かし櫛解かし櫛
挿櫛挿櫛
結櫛結櫛
櫛づくりの道具櫛づくりの道具
基本的な道具基本的な道具
削る道具削る道具
歯挽き道具 歯挽き道具
磨く道具磨く道具
お六櫛の伝統技法お六櫛の伝統技法
お六櫛の材料お六櫛の材料
櫛作りの工程櫛作りの工程
木祖村郷土館木祖村郷土館
木祖村郷土館サイトマップ

櫛を磨く道具

 

磨き台

磨き台
 磨きの段階で、櫛の表面をトクサノキで下磨きするための台。
 上面に櫛がすべるのを防ぐために皮、布、和紙などを貼り、櫛の歯先を差しこむように押さえが打ちつけてある。
 

木賊の木(トクサノキ)

木賊の木
 櫛の表面や耳の小口を下磨きする道具。
 小型の小木片や棒に木賊や鮫皮を貼りつけたものである。材は柔らかで軽いものがよく、主にキリやサワラが用いられる。
 

棕櫚(シュロ)

棕櫚(シュロ)
 櫛に付着した細かい木の粉を払い落とす道具。
長さ10センチほどの棕櫚毛を直径約4センチに揃え、細い荒縄で堅く結わえたもので、主に市販のものが使われる
 

坊主貝(ボウスガイ)

坊主貝
 櫛の光沢を出すための道具。
 坊主貝と呼ぶ殻の厚いの表面を砥石で平らに研ぎ、その平滑面と曲面との境を櫛の平面にあてて、前後に擦って磨く。
 アテボロと呼ぶ丸めて縫い付けた布を当てて、貝を握りやすくしている。
お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344