源流の里 木祖村
サイト内検索
文字サイズ
小標準大
木祖村今日の天気祖村の今日の天気コミュニティバス時刻表コミュニティバス時刻表アクセスマップアクセスマップ
EnglishEnglish中文簡体中文簡体中文繁體中文繁體한국어한국어
ホーム木祖村紹介行政情報木曽川交流村の施設観光
現在位置:HOMEの中の木曽のお六櫛の中のお六櫛の種類と形から結櫛
木曽のお六櫛
お六櫛とはお六櫛とは
お六櫛の種類と形お六櫛の種類とかたち
梳き櫛梳き櫛
解かし櫛解かし櫛
挿櫛挿櫛
結櫛結櫛
櫛づくりの道具櫛づくりの道具
基本的な道具基本的な道具
削る道具削る道具
歯挽き道具 歯挽き道具
磨く道具磨く道具
お六櫛の伝統技法お六櫛の伝統技法
お六櫛の材料お六櫛の材料
櫛作りの工程櫛作りの工程
木祖村郷土館木祖村郷土館
木祖村郷土館サイトマップ

結櫛

  いわゆる日本髪、チョンマゲなど、髪を結うために用いられた櫛。主に髪結師、床屋など理髪専門職のために供給されていた。現在でも一部は相撲取り、時代劇等に関わる職種で伝統的に使用されている。
 

丁髷櫛(チョンマゲ櫛)

丁髷櫛(チョンマゲ櫛)
 丁髷(チョンマゲ)を結うための櫛各種。フリワケは、丁髷の解かしや仕上げ用に用いた。まる八印は江戸時代より尾張徳川家の納入品の印である。一本の櫛の両端に細歯と相歯が挽いてある。ハケコキはもとどりの刷毛(先)を修正するのに用い、ナギナタは髪型全体の細部を整えるのに使われた。

(上)尾州御用品
振り分け ヒイラギ・まる八印

五寸 歯数28/40
(中)ハケコキ
ミネバリ 三寸ニ分 歯数32
(下)ナギナタ
ミネバリ 歯数26
(木祖村郷土館蔵)
 
 

鬢掻き

鬢掻き櫛
  一方をやや垂直に、他方を細く作った左右不対照の櫛。髪を梳いた後、左右に鬢を掻き付けるの用い、一方が細くなっているのは後頭部の髷を損なわないためである。この形は江戸にあり、京阪になかったと言われ、別に「新橋型」とも呼ばれる。

(左)相歯鬢掻櫛
ツゲ 四寸一分 歯数48
(中)相歯鬢掻櫛
ナシ 三寸六分 歯数41
(右)相細鬢掻櫛(笹鬢型) 青柳和邦作
ツゲ 六寸 歯数88
(木祖村郷土館蔵)
 

 

筋立

筋立櫛
 細長い柄の先に小櫛を挽き出したもので、鬢(びん)・髱(たぼ)の毛筋を整えるのに用いる。東京ではこれを「毛筋立」、京阪では「筋立」呼ぶので薮原では関西系の櫛挽きの言葉が伝わったと思われる。

(左)筋立 岩原己之吉作
ツゲ 二寸五分 歯数30
(中)筋立
ツゲ 一寸 歯数20
(右)筋立・蛤
ツゲ 一寸二分 歯数25
(木祖村郷土館蔵)
 
 

鬢出し

鬢出し櫛
左右の髪の鬢を浮かす(膨らませる)のに用いる髪結い用の櫛。鬢や髱の形を整えたり鬢に梳き毛やかもじを入れる時に柄を用いる。

(左)黄楊鬢出 青柳和邦作
ツゲ  歯数8 
(中)黄楊鬢
ツゲ  歯数12 
(右)黄楊鬢出
ツゲ  歯数15
 
お問合せお問合せ
リンク集リンク集サイトマップサイトマップ個人情報保護方針個人情報保護方針利用規約利用規約
木祖村役場 〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1191-1GoogleMaptel: 0264-36-2001 fax: 0264-36-3344